FC2ブログ

タイトル画像

■『マンデラの名もなき看守』

2020.01.24(10:09) 822

歴史の導入に漫画が有効であるように、世界見聞の手段のひとつとして映画の存在は無視できません。とりわけ幼い子どもへの影響力たるや。

さて、人種差別に対する猛烈な姿勢、特に国外におけるそれは日本人の想像を越えるところにあります。旅館のクチコミで「外国人客が少なくて良かったです」なんて、他の先進国では噴飯ものでしょう。

とにかく世界は変化しています。日本だけ時が止まっているかのように。

そこで、こんな映画を娘と観てみました。

『マンデラの名もなき看守』は2007年の映画です。もちろんマンデラとはアパルトヘイトと戦い、ついには南アフリカの大統領となったネルソン・マンデラのこと。彼と交流のあった看守の自伝をもとに制作されました。

マンデラが釈放されたのは1990年。ノーベル平和賞受賞が1993年。

って、つい最近なんですよね。娘からすれば父親が今の自分と同じような子どもだった頃の世界。

派手な演出はなく、南アフリカの町並みや監獄の雰囲気を舞台に淡々と進む物語ですが、脚本、演技力によって飽きることなく見終われます。もちろん、子どものトラウマになるほどのショッキングなシーンはありません。

どこまで理解出来てどこまで心に響いたかは分かりませんが、こういう映画を一緒に観られるようになったことがただ嬉しいですね。

ボクはこういう映画が好きなんですよ。ホラーばかり観ているわけじゃありません。(笑)

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■病気を治すのは医者じゃない

2020.01.23(10:19) 821

新型ウイルス肺炎。
SARS惨禍の再来になりそうですね(当時ボクは学生でした)。

ウイルス性の肺炎がとりわけ厄介なのは、抗菌薬が効かないからです。

SARSの場合、健康な若者は比較的軽症でしたが、中高年の死亡率は非常に高く、半数が死亡したという報告もあります。免疫力の低下(或いは喫煙期間の長短も)と直結しています。

そう、病気に対する最大の防御かつ攻撃力は自身の免疫力に他なりません。

癌だってそうです。

若い人が癌になりにくいのは、ピチピチの免疫力が日々発生する癌細胞をもぐら叩きのように叩き潰しているからです。

残念ながら新型ウイルスが日本でも発生する可能性は高いでしょう。

風邪気味であれば休む、むやみに人混みに行かない、手洗いマスクを徹底する、そして、最も重要なのは、栄養と休息をとり、適切な運動習慣を身に付け、自身の免疫力を高く維持するように生活を見直すことです。

繰り返しますが、病気を治すのは医者ではありません。あなたの免疫力、治癒力が主力です。

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
最近の記事
  1. ■『マンデラの名もなき看守』(01/24)
  2. ■病気を治すのは医者じゃない(01/23)
次のページ
次のページ