fc2ブログ

タイトル画像

■謹賀新年

2021.01.02(08:18) 1220

明けましておめでとうございます。

ピリピリした医療現場とは裏腹に、巣籠もりでの年越しは平穏裡に過ぎました。紅白なんて何年ぶりに観たかな?さだまさし目当てが80%でしたけど。

歌番組をじっくり観ることのない自分には紅白の出演歌手の大半が新顔で、色々勉強になりました。『日向坂』が「ひゅうがざか」ではないこと、MISIAが相変わらず上手いこと、二階堂ふみが司会も歌も上手いこと。

大晦日も元日も、子どもたちはしっかり机に向かって勉強しましたし、思い思いの年越しを楽しんでいるようです。

長女は司馬遼太郎に夢中。1日2~3冊のペースで読み込んでいます。そう言えば、前にも書いたかも知れませんけど、漫画は全く読まなくなりましたね。興味がなくなったとは思えず、恐らく彼女の中で「中学受験が終わるまでは」と自ら封印しているフシがあります。ボクの本棚にある、実は娘に読んで欲しい漫画には一切目もくれず、司馬遼太郎の文庫を片っ端から読んでいます。

長男はクリスマスプレゼントの自転車に夢中。もともと『ストライダー』を上手に乗りこなしていた彼は、わずか1日で、一度も転ばずに乗れるようになりました。自転車って普通、何十回も転んであちこちに打撲や擦り傷を作って泣いて笑ってようやく乗れるようになる、少年期随一の「越えねばならない壁」だったと思うのですが、この『ストライダー』を考案した人は偉大ですね。

次女は相変わらず食欲の塊ですが、身体を動かすのが一番好きな子でもあり、お下がりの『ストライダー』を早くも乗りこなせています。ビーズ遊びも好きなようです。手先の器用な子になって欲しいな。



長女の学習面での記録としては、この冬休みはSAPIXの1年間の復習のほか、四谷大塚の週テストで間違えた問題の解き直しをしています。

十日後の組分けテストがさしあたりの目標ですね。

そして、この1年が我が家の大きな節目になります。遊びたい盛りの弟妹には少し窮屈な思いを強いることになるでしょうが、ここは姉に付き合ってもらいましょう。

我が家のスローガンは『学問に終わりはない』です。

世のため人のため家族のため、そして何より我が身のために、皆で勤勉実直を地で行こうと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。

大和撫子養成所【父塾】


ご挨拶 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

■謹賀新年

2020.01.01(12:33) 803

明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い申し上げます。

今年はいよいよ五年生。
呑気な我が家にも少しずつ緊張感が生まれそうです。

娘には何より今のまま、勉強大好きでいて欲しい。
楽しいことだけではないでしょうが、一つ一つ乗り越えていきましょう。

今年受験する六年生の活躍を祈念しつつ、吉報をお待ちしております。
頑張れ受験生!!

*

それにしても、西暦2020年って口にするだけで何だかグッと来るものがありませんか。1980年代に生まれ、世紀末に多感な中高生活を過ごした身としては、2020年という言葉の響きだけでもずいぶんな未来感といいますか、「思えば遠くへ来たもんだ」といいますか、「昭和は遠くなりにけり」といいますか、まあ感傷的になるのも仕方ない気がします。

こんなのんびりするお正月は実に久しぶりなので、少し立ち止まって昨年を振り返りつつ、本年の抱負を娘と話し合いましょうかね。

大和撫子養成所【父塾】


ご挨拶 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

■今までありがとうございました

2019.03.29(12:00) 766

この一年間、好き勝手なことを書き散らかして参りました。

娘とのつきあいを文章に残すためにはどれほど彼女を、そして自分を客観的に眺めなければならないのか。彼女の何が問題で何がボクの課題なのか。

案外試行錯誤した日々でした。「中学受験って何?」と、ちょっぴり不安の中で始まりました一年間、学習環境を整えるにあたり、ブログを通じてずいぶんどっしりと構えられるようになった気がします。曖昧な直感や理念に形や名前を与えることが出来た、といえば些か大袈裟ですが、実際そんな感想を抱いております。なるほど、多くの方が受験ブログを執筆されるわけです。

それはひとえに読者の皆様、そして叱咤激励や温かいご助言を下さった皆様のお陰です。自分の日記帳にひっそり書くのであればとてもこうはいかなかったでしょう。頂いたメールは宝物です。

スパルタのように映ったかも知れません。逆にずいぶんノンビリした親子に見えたかも知れません。実際の我が家を一言で表せば実に「のんき」です。ボクも「のんき」ですが妻はもっと「のんき」です。そして娘はさらに輪を掛けて「のんき」です。今後も皆で「のんき」に勉強していきます。

最後になりましたが、子育てに奮闘する保護者の皆様、そして中学受験に取り組むご家族の皆様のご健勝をお祈りしております。またどこかでお会いできる日を楽しみにしております。本当に本当に、今までありがとうございました。

なでしこパパ拝

大和撫子養成所【父塾】


ご挨拶 トラックバック(-) | コメント(14) | [EDIT]
タイトル画像

■ブログ村登録解除します

2018.12.05(09:33) 576

こんにちは。
いつもありがとうございます。

開設以来ブログ村に登録させて頂いておりましたが、ブログ継続のモチベーションにという当初の目的を達成し(3月から576記事!)、中学受験というジャンルにとらわれない記事も書きたいという思いもあり、登録解除することと致しました。

いま一番の悩みは過去570余りの記事にあるブログ村バナーを消すべきか否かということです。うーん、頭が痛い。

ご愛顧ご声援を頂いた皆様にはご不便をお掛けするかも知れませんが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

ぽん父 改め なでしこパパ

大和撫子養成所【父塾】


ご挨拶 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■娘の本当の姿

2018.10.01(06:35) 426

いつもありがとうございます。

いつの間にか多くの方にこのブログを見て頂いているようで、でも途中から読み始めた方にとってはさぞかしボクが「気合いの入った熱血親父」で、娘は「デキル系の東大一直線なスマート女子」だと勘違いされているような気がして。そこは訂正させて下さい。

ま、ボクが熱血なのは間違いとは言えないかも知れませんが(笑)、緻密な論理派でもなければ根性論者でもなく、貪欲に教育理論を収集しているわけでもなく、単純に勉強が好きで子どもにもその楽しさを教えたいと思っているだけの父親です。

で、娘。

ボクは今までたくさんの才媛を見てきました。桜蔭や女子学院、豊島岡…。生徒としても同級生としても、友人としても同業者としても。

やっぱり才媛というのは一目で分かる「何か」がありますよね。雰囲気というかオーラというか。

そういう目で娘を見ますと、どうもそういう感じがしないんですねこれが。(^^;

地味というか控えめというか、不器用というか自己顕示欲に欠けているというか…。まず自分をより良く見せようという発想がまるでないんですな。大人を手玉にとるようなキレもなく、媚びる術も知らず、要領も悪く、嘘もつけず、幼いといえば幼い。でも何か達観している風でもあるし、よく言えば身の程をわきまえてるなーと感心することもあるし。

ボクは子ども時代に級長だの児童会長だの演劇部だのと五月蝿く目立つタイプだったのですが、そういう賑やかな児童にとって印象に残りにくい、まず一緒に遊ぶことのなかったであろうタイプというか…「そんな子もいたっけかねえ?」的な。

そういえば、下世話にも娘に聞いてみたことがあるんです。「自分の学力はクラスで何番くらいだと思う?」って。

そしたら「多分真ん中」。自分より優秀な子はたくさんいる。「でも、多分私が一番言葉を知っているとは思う」と。

そういう地味できらめく天性もない娘が、褒美もなく自ら誇ることもなく、ただひとえに『賢くなりたい、父ちゃんに褒められたい』という一心でボクとの勉強に向き合ってくれるのが堪らなく嬉しいんですよねえ…。

そういう健気な娘に御三家クラスの成果を遂げさせてやりたい、自信を付けさせてやりたいと思うのは正直な親心です。ボクにそういう願望がないわけではありません。笑われるかも知れませんがいずれ東大に通わせてやりたいとも夢想しています。医師になりたいと言い出せば全力で応援したい。

でも、娘の「ヒラメちゃん」のような性質と将来の幸せを考えたとき、後悔しないこと、させないこと。こんな不器用な娘に悲しい思いをさせないこと。それが一番大切ですよねえ。

ま、このブログの登場人物はそんな感じの地味な女子です。ヒラメちゃんです。決してイケイケの女子ではありません。そこのところよろしくお願いします。

大和撫子養成所【父塾】


ご挨拶 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
ご挨拶
  1. ■謹賀新年(01/02)
  2. ■謹賀新年(01/01)
  3. ■今までありがとうございました(03/29)
  4. ■ブログ村登録解除します(12/05)
  5. ■娘の本当の姿(10/01)
次のページ
次のページ
人気ブログランキングへ