FC2ブログ

タイトル画像

■星の見方

2019.03.19(07:58) 749

冬の大三角にしても北斗七星にしても、星座早見や図鑑から抱く印象よりも本物はずっと大きいんだよ!プレアデス星団はずっと小さいんだよ!ってことを教えるべく、週末に星空を見上げました。

星は見つめると消えます。凝視すればするほど見えにくくなるのです。

なので、星を裸眼で見るときのコツは、見たい星を視野の中心からわずかにずらして虚空を見つめることです。或いはピントをわずかにぼかしてもいい。

見ないようにして見るもの、それが星です。

こんなことは経験的なもので誰に教わるでもなく無意識に出来ると思っていたのですが、娘にはそれが難しい(涙)。

オリオン座とかその三つ星は見えるのに、例えばリゲルは何色?と訊くと「…あれ?あれ?見えなくなった!あそこにあったはずなのに!」って。

練習が必要です。(^^;


大和撫子養成所【父塾】


小3 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■ノートの進化

2019.03.10(11:26) 742

最近は問題集を解くときもノートに書かせています。

特に書き方を教えることはせず、好きなように書けばいいと気に留めていなかったのですが、これがなかなか秀逸なのです。

まず、たっぷり余裕を持って書いている。図も大きく書くし、余白が少ないと見るや潔く次のページに移る。その結果ノートの消耗は凄まじく、大学ノート1冊が6日ほとで終わっていますが。(^^;

せせこましく使われるよりよほど良いですね。

そして、多分塾の板書の真似なのでしょうが、ポイントをまとめている。例えば『重要!◯◯に気付けばかんたん!』『ポイントは△△!』『××をわすれないこと!』というように、解くのと同時平行して彼女なりの「気付き」を逐一メモしているのです。

これは嬉しいですね。幼いなりに向上心を持っているのが何より嬉しい。その積み重ねはきっと無駄にならないよ。

…成長したなあ。

大和撫子養成所【父塾】


小3 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■歌で学ぶ日本語

2019.03.05(13:03) 733

ある女子中学校の国語の入試問題に唱歌『こいのぼり』の歌詞について出題があったとか。面白い着眼ですね。あ、「甍の波と雲の波」で始まる方の『こいのぼり』ですよ。

ボクは小3の頃から合唱をしていましたので歌の知識はありますが、案外高校や大学受験にも役立った気がします。

というのも、歌で学ぶ語彙は活きるんですよね。英語を洋曲に学ぶ手法もありますが、文部省唱歌も子どもらに是非とも知って欲しい言葉のオンパレードです。

例えば『われは海の子』を7番まで歌えますか?小3のボクは暗唱していましたよ。ちょっと張り付けてみましょう。

我は海の子白浪の
騒ぐ磯辺の松原に
煙棚引く苫屋こそ
我が懐かしき住家なれ

生まれて潮に浴(ゆあみ)して
浪を子守の歌と聞き
千里寄せくる海の気を
吸ひて童となりにけり

高く鼻つく磯の香に
不断の花の香りあり
渚の松に吹く風を
いみじき楽と我は聞く

丈余の櫓櫂操りて
行手定めぬ浪枕
百尋千尋の海の底
遊び馴れたる庭広し

幾年此処に鍛へたる
鉄より堅き腕(かいな)あり
吹く潮風に黒みたる
肌は赤銅さながらに

浪に漂ふ氷山も
来らば来れ恐れんや
海巻き上ぐる竜巻も
起らば起れ驚かじ

いで大船に乗出して
我は拾はん海の富
いで軍艦に乗組みて
我は護らん海の国

まー最後の方は少々キナ臭いんですけど(笑)、昔の子どもはAKBなんぞではなくこういう歌を唄っていたわけです。特攻隊の遺書を引くまでもなく古い時代の若者の語彙が凄まじかったのも当然と言えます。

こんなイカツイ歌でなくとも、例えば『朧月夜』なんかは今の子どもにも入りやすいですね。

菜の花畠に入り日薄れ
見渡す山の端霞深し
春風そよ吹く空を見れば
夕月かかりてにほひ淡し

里輪の火影も森の色も
田中の小路を辿る人も
蛙の鳴く音も鐘の音も
宛ら霞める朧月夜

なんて美しい…。

古来、大きな音を「おと」、小さな音を「ね」と区別していたそうです。従って蛙の音は「ね」、鐘の音は「おと」と読むのが正解です。

霞も朧も菜の花も蛙もみんな春の季語。いうまでもなく「にほひ」は色合いのことです。

ボクの趣味で娘には古文や漢文の音読・暗唱をさせていますが、唱歌の歌詞を読んでもらうのもいいかも知れませんね。

そんなこと言ったら「さだまさしの歌詞も!」と欲をかきたくなりますが。

暗唱じゃなく一緒に歌えばいいじゃない?と思われるかも知れませんが、娘はボクの前では絶対に歌わないんです。ボクが上手すぎるから恥ずかしいみたいです。なーんてね!(笑)

大和撫子養成所【父塾】


小3 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■1年間の振り返り

2019.03.03(14:55) 730

ブログを書き始めてから1年が経ちました。

昔の記事を読み返しますと我ながら「ずいぶん気合い入ってたなー」と苦笑するものもありますが、逆に今後のヒントを得ることもあります。弟妹のための備忘録として書き始めましたけど、意外と1年以内のことすら忘れていたりします。

今回は「1年前に戻れるとしたら自分に何をアドバイスしたいか」を書いておきます。

・入塾は焦らなくていい
『SAPIX募集打ちきり切迫』という噂を耳にして、「そんじゃま、ひとまず入っとく?」と入塾してみました。3年生の授業は無駄だったとは言いませんが、たったの週2時間です。先につながるものであったかと訊かれれば無批判に推薦するものではありません。

そして最大の問題は、こちらの予想以上に娘がSAPIXを気に入ってしまい、今さら他の塾を検討するなどとても考えられなくなってしまったことです。従って我が家はカリキュラムだのテキストだの教育システムだのを気に入ってSAPIXを選んだわけではなかったのです。

新4年のカリキュラムが始まって家庭学習時間が大幅に減少したことを考えると、入塾はまだ早かったかなーと思います。もう手遅れですが。

・模試について
各塾のいろんなタイプの模試を受けさせてみました。相性といいますか、傾向として肌に合うものもあればそうでないものもあり…。それによって娘の思考力の限界が分かったり、思いがけず苦手な分野が炙り出されたり。今後も各社の模試を受けさせたいのが本音ですが、まあ無理ですね。SAPIXだけでお腹いっぱいです。残念なことに。

・算数問題集について
色んなものに手をつけましたが、結局どれでもよかったと思います。大切なことは『深追いしないこと』。ちょっと壁を感じたら潔く『撤退』して他の単元に進むといいです。決してレベルを落とすのではなく、取り組む単元を変えるのです。そのうち自然に成長し、その単元も大した壁ではなくなります。

なお、低学年から高学年に移るにつれ『予習シリーズ』の良さが分かってきました。もう少し早めに移行しても良かったかな。

・漢字について
先日も書きましたが、子どもってそのうちちゃんと書けるようになるものなんですね。後ろ髪を引かれつつ大して時間を割いてきませんでしたが、それで問題はなかったです。一個人の考えですが、漢字先取りはタイミングが大切です。言葉を知らないのに字面を覚えさせても(子どもってそれが出来るんですよね)どうせ忘れます。

特に対象学年があがるにつれ漢字そのものの難度よりも熟語としての難度が障壁になりやすい。熟語の習得を漢字学習に兼ねさせるよりもたくさん読み書きして言葉に慣れ親しませた方が合理的ではないでしょうかね。

・生活面の反省
以前は娘にもっと料理をしてもらっていましたが、最近はめっきり台所に立つ時間が減ってしまいました。そんな時間があれば勉強を、読書を、弟妹の遊び相手をと、そのときは判断してしまうのですが、長い目で見るとやっぱり家事もちゃんと手伝って欲しいなあと。

朝学習は1年経っても無理でしたので、諦めることです。そのうち宿題だの復習だの『朝やらないと終わらないじゃん!』と自分で悟るまで放っておきましょう。(^^;

ほか、思い付いたら追記していきます。

大和撫子養成所【父塾】


小3 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■算数:予習シリーズに軸足を移してみて

2019.03.01(10:04) 726

テキスト4年上が終わりました。演習問題集は最後の第20回が残っており、応用演習問題集の方は第15回まで終了。約3週間ですね。

基本から応用までバランスがいいな、というのが第一印象。そして応用は決して侮れない難問(当社比)が混じっているなと。

応用演習問題集は娘にはなかなか手強くて、SAPIXのために家庭学習が大幅に減少したことで、じっくり腰を据えての長考が難しくなり、進度はゆるやかです。まあ全部解く必要はないでしょうから『応用問題B』は飛ばして『A』だけやろうかな。そのうちまとめて取り組むのもありでしょう。

『計算』の下は、途中から円周角や中心角が出現し、娘から「さっぱりわかりません!」の声があがりました。

そう言えば、トップクラス4年徹底理解編やハイクラスドリル5年までの学習では円周角って扱ってませんでしたね。ボクも教えるのを忘れていました。(^^;

予習シリーズでは『4年下』で取り上げられるようなので、そのときじっくり教えてみます。

予習シリーズの『計算』は相当な良書だと思いますが、単なる計算ドリルでは決してなく、あくまでも予習シリーズの傍用問題集なんですね。これだけを買っていたらしんどかっただろうなあと思いましたので、購入を検討中の方はご注意下さい。

でも、これで800円は破格ですよ。

大和撫子養成所【父塾】


小3 学習 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
小3 学習
  1. ■星の見方(03/19)
  2. ■ノートの進化(03/10)
  3. ■歌で学ぶ日本語(03/05)
  4. ■1年間の振り返り(03/03)
  5. ■算数:予習シリーズに軸足を移してみて(03/01)
次のページ
次のページ