FC2ブログ

タイトル画像

■花粉症 悪魔の病気

2019.03.07(12:59) 737

ボクは花粉症ではありませんが、妻と娘が苦しんでいます。

妻の方は3人の妊娠・出産を経て体質が変化したのでしょうか、花粉症も冷え性もだいぶ良くなったと思います(いやはや母は強しです)。可哀想なのは娘です。

もともとアレルギー体質で乳児の頃は皮膚炎も目立ったのですが、今は鼻炎症状が主体。ただでさえ舌足らずなのに…。

娘「くまのとうこうぶがね」

ボク「え?熊のたんこぶ?」

娘「くまのとうこうぶだってば!」

…『蜘蛛の頭胸部』でした。(^^;;

抗ヒスタミン薬でだいぶ改善しますが、眠気という副作用が襲います。「あらゆる頭脳労働のパフォーマンス低下」は花粉症患者の話を伺う限り間違いない。薬を飲んでも辛い、飲まなくても辛い。ああ可哀想。酷いときは空気清浄機を各部屋に設置していました。

なるべく副作用の少ない薬を処方してやりたいところです。

例えばIgE抗体産生を抑制する『アイピーディ』(大鵬製薬)は、古いですが効果の上乗せは期待できますし、強い副作用もなければ小児でも安全とされています。人によってはこれが一番効いた!という人もたまにいます。



いま一番注目しているのが『シダキュア』。

減感作療法、ってご存じですか。

抗ヒスタミン薬は鼻水やかゆみに対する対症療法。ステロイドは免疫反応をガッと押さえ込む、まあ一種の対症療法です。それに対し「いっそのことスギ花粉に慣れちゃえばいいんじゃない?」という発想が減感作療法です。

もちろん素人判断で花粉症の人間をスギ花粉の舞い盛るスギ林に連れて行ったら大変なことになります。少しずつ少しずつ、体にスギ花粉を投与して慣れさせていくわけです。

昨年販売されたばかりの『シダキュア』は、常温保存できる舌下錠(ラムネ菓子のようになめる薬)で、5歳、場合によってはもっと幼い子にも使える薬剤です。

今までは『シダトレン』という12歳以上にしか処方できない水薬(冷蔵庫保管)だけでした。従って小学生に対する減感作療法の選択肢が初めて生まれたことになります。さらにいえば、スギ花粉成分が『シダトレン』よりも2倍以上濃縮されているので、より高い効果が期待されます。

安全性についてはやはりアレルギー反応の出現には注意が必要です。いちおう重篤な反応は報告されていないようですが、喉の違和感などが強く出て継続不能になることもあるようです。



『シダキュア』には夢のような効果がある、とまでは言えないようです。が、効く人は効く。完治はしないまでも抗ヒスタミン薬が減量ないし不要となるなら素晴らしいではありませんか。

問題は即効性がないこと、スギ花粉症発症シーズンの使用開始は不可であることです。もちろんスギ以外の花粉症には効果がありませんから、スギ花粉症であることをしっかり検査で証明しないと処方されません。

スギ花粉の飛散が収まる夏頃から開始。毎日欠かさず舌下投与します。そして効果が出現するのが2-3年後(!)。

2-3年後といったらアレですよ、うちの子がまさに中学受験するタイミングですよ。今夏開始するのがいいんじゃないでしょうか。

2-3年内服継続すれば中止。効果は年単位で持続するそうです。

夏になったら試してみます。

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

■室内で肌色(カメラの話)

2019.02.25(12:15) 720

ミラーレスへの完全移行、未だ踏み留まっています。

ボクの主力機材がキヤノンでして、重い腰をあげてようやく2つのフルサイズミラーレス『EOS R』と『EOS RP』が登場したものの、以前記事にしたように「子どもの撮影こそ高級機材を!」と痛感しておりますので、最低でも『EOS 5D markIV』以上のメカでないと後悔してしまいそうで…。

学生時代にカメラの勉強会で知り合ったプロから「人間撮るならEOS-1D系じゃなきゃだめ」と囁かれ続け、確かにそうだと思い至り…。早く上級機種を出してくれないかなあキヤノンさん!

*

肌色を綺麗に撮りたいのは当然ですが、普通の家庭用照明ではどうしても色が転びますね。特に我が家は電球色のLEDが主体なのですが、それに加えて水槽の照明(水草用の育成ランプや海水用の高ケルビンライト)の影響で、居間での撮影はほんと最悪。不健康極まりない汚い肌色になってしまいます。

なので、子どもの写真を撮るときは窓から自然光がたっぷり入る晴天の日中しかなかったのです。

だったら公園にでも行けばって話ですし、ボクが在宅時のシャッターチャンスはたいてい夜ですので、何とかならないかなあと頭を悩ましていました。

今のところの『妥協』は水槽の照明を落としつつ高演色性のLED↓

ですが、やっぱり違和感は残ります。まあ、色の再現についてこだわり出すと神経症を発症しかねないので、素人の家庭照明としてはここらが限度かなあと。(^^;

娘の学習用スタンドライトも食卓ライトもこれですが、さすがに(写真としての色合いを抜きにすれば)なかなか綺麗です。魚料理も肉料理も、電球色の下で見るよりよほど美味しそう。

ちなみにボクはモニターにも神経をすり減らしてしまい、今はカメラよりもパソコンよりも高い製品でようやく落ち着いています。で、次女がこのモニターをバンバン触るんだこれが…(涙)。

プリンターからの出力とモニターでの出力結果もそれなりに色を合わせたので、その辺りはストレスフリーになっています。

とはいえ、最近はスマホやタブレットで写真を観ることも多く、その写真を観る親族も全く色にこだわらない人たちなので、正直「そんなに頑張らなくても良かったかなー」とも思います。(^^;

それでも、家庭用照明の演色性はもっと良くなって欲しい。改善の余地大有りです。

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■いじめと家庭内暴力

2019.02.01(00:10) 675

野田で残忍な事件がありましたね。

小4の女の子が父親からの長期に及ぶ虐待の果てに亡くなった事件です。父親が殺人罪の適用を免れ得ることは到底納得出来ません。短絡的な殺人よりよほど残酷ではありませんか。

仕事がら家庭内暴力の被害者を診察することがしばしばあります。それが子どもなら迷わず警察へ通報です。

ボクの同僚が同じ病院の看護師の子どもを夜間診察した際に、背中の大きな蒙古斑を見て虐待を疑い、躊躇なく警察に通報して児相が迅速に対応し、その場で一時保護になったという、今となっては笑い話ですが、大変な騒ぎを引き起こしたことがあります。

笑い話ですが、とにかく医師はそれくらいの(多少オーバーでも)心構えがあるべきだと思いませんか。家庭内暴力が露見するチャンスなんて限られているのですから。

*

ボクが研修医のときから懇意にしている看護師さんのお嬢さんが、学校でいじめられていると聞きました。うちの長女と同じ、まだ小3ですよ?本当に心が痛みます。

加害児童への教育的配慮とは言いますが、いじめが立派に人の一生を損いかねない傷害事件であることを考えれば、教諭にも医師と同様の『通報義務』を課すべきと思いませんか。

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■精米機の悩み

2019.01.15(17:29) 651

節約の基本は『必要のないものは買わない』ですが、世の中には不要品でも『もっと早く買っておけば良かったー!』と嬉しく後悔する出会いがあるものです。

ボクは基本的に衝動買いはしないたちで、特にそれが必需品ではないものであればなおのこと吟味に吟味を重ね、何度も脳内シミュレーションを繰り返してから決断することを寧ろ趣味として楽しんでおります。

(いまAmazonのカートをみたら、その手の品物が26個も入ってました(笑)。その大半は結局買わないまま削除される運命です。これでボクの物欲はだいぶ気が済みます)

で、長らくボクを悩ましている製品が『精米機』。

これ↓


米を文字通り主食とする我が家にとって、果たして買う価値はあるのか?精米仕立てはそんなに違うものなのか?一万円の価値はあるのか?毎日精米するのは面倒ではないか?ボクの仕事が増えるのではないか?

妻にせがまれて買ったものの数回使われただけで納戸に仕舞われているホームベーカリーのことを思えば半額以下の買い物なんですが、そのような失敗を繰り返しているからこそ今悩むわけです。

精米機、欲しいなあ。無駄かなあ。

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

■ふるさと納税

2019.01.12(12:25) 647

カタログサイトをみているだけでワクワクしますね、ふるさと納税。

制度として欠陥を抱えている面は否定できませんが、我が家は積極的に活用しています。同僚の半分以上は「知ってるけど面倒くさそうだからやったことがない」と話していて、おいおい、どうせ我々しがない非常勤労働者は確定申告が必要なんだから、たいした手間じゃないのに…ともったいなく感じてしまいます。

さて、我が家の寄付の方針は返礼品が「食べ物」または「生活必需品」であること。

ボクの故郷は大してグッとくる返礼品はないのですが、知人のお店が担当している品物を目当てに寄付しています。

それ以外にリピートしているのが
1. 福岡県大刀洗町の生馬刺
サシの全くない赤身肉ですが、冷凍ものにはない旨味もあり、ヘルシーなので気に入ってます。
2. 高知県黒潮町のわら焼き戻りカツオのたたき
家族全員の大好物。一瞬でなくなります。
3. 福井県美浜町の秋冬のとれたて鮮魚セット
何が届くかドキドキです。

他にも日高昆布とか冷凍ホタテとか、とにかく胃袋の大きい我が家なので重宝しています。

あとは日用品。丸形のまな板は予想以上に使い勝手が良かったですね。

さて、今年の注目株は「お米」です。うちのお米の消費量は凄まじいですから。
我が家では結婚以来、妻の実家(秋田)の曽祖母から頻繁に「あきたこまち」を送ってもらいました。娘もボクも自宅ではこれしか食べたことがないほどで、本当にありがたく頂いていました。しかしその曽祖母が亡くなり、今後は自前で購入することになります。

食べなれた秋田の「あきたこまち」を買い続けるのもありですが、この機会ですから、日本中のブランド米を試してみるのもいいかなと。第一弾は北海道の「ゆめぴりか」にしてみました。

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ
  1. ■花粉症 悪魔の病気(03/07)
  2. ■室内で肌色(カメラの話)(02/25)
  3. ■いじめと家庭内暴力(02/01)
  4. ■精米機の悩み(01/15)
  5. ■ふるさと納税(01/12)
次のページ
次のページ