FC2ブログ

タイトル画像

■角川まんが人物伝『クレオパトラ』

2019.01.19(07:33) 657

伝記、特に子どもにはイメージの湧きにくい外国モノ、歴史モノの偉人についてはマンガに勝るものはなく。

学習系の伝記マンガは若手の登竜門なのか(その辺の事情は全く明るくないのですが)、今まで余り高い評価を下したことはなく、あくまでも『学習系』と割りきって購入していました。

そんな中でも角川の『まんが人物伝』シリーズは出色です。もちろん子ども向けなので平易な表現、構成ですが、大人が読んでもスカスカではない。

大ヒットした『日本の歴史』の続編・別巻のつもりで買ってましたが、もう16冊になりました。これは素晴らしいライブラリになる予感。今後も楽しみです。


最新刊『クレオパトラ』も良かった。このマンガから得た知識を軸に世界を広げていって欲しいものです。

大和撫子養成所【父塾】


購入した児童書 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■火の鳥文庫

2018.12.04(15:20) 571

角川まんがシリーズで『坂本龍馬』が追加されましたね。このシリーズは非常に読みやすくて入門にはもってこいですが、やはり伝記は小説形式で読みたいところ。

最近注目の伝記といえば火の鳥文庫のリニューアルですね。

ボクが田舎のガキ大将だったころ、伝記といえば火の鳥文庫でした。何十冊も繰り返し読みこみ、「オラ、野口英世になるだ!」なんて幼い夢を燃やしていた時期もありました。

火の鳥文庫はずっと出版されていましたが、さすがに今の時代に古臭さは否めず、娘には敢えて薦めていませんでした。

ところが去年から火の鳥文庫が少しずつリニューアルされているんです。これは嬉しいですねえ。

もちろん全巻買い揃えていきます。収納スペースは何とかなるでしょう!(^^;

偉人を知って自ら努力する姿勢を身に付けて欲しいですね。


大和撫子養成所【父塾】


購入した児童書 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■11月に購入した児童書

2018.11.28(08:51) 559

月末なので、Amazonの購入履歴を見てみたら…なんと1冊のみでした。

ボクの記憶が正しければAmazon以外でも購入していないはずです。

『科学のなぜ?新辞典』受験研究社

これだけ。(この本は素晴らしいです。ボクの子どもの頃にこんな本があったらなあ)

児童書を買わなかった理由。
娘はいま重松清を読んでいるのです。先月大量に買ったもので、なかなか読み応えがありそう。どうやら二度読みもしている模様。

ちらちら見ていますとずいぶん前に読んだ本を引っ張り出して読み返してもいます。

これは嬉しいです。『本は繰り返し読まないと血肉にならない』がボクの持論。それが良書であれば尚更です。

ずいぶん前に娘が同じ本を読み返そうとしないことが不満であると書いたと思いますが、よかったよかった。

ちなみに『ブッダ』と『ブラックジャック』も繰り返し読んでいて、先日は妻に手塚治虫記念館に行きたいと訴えていたとか。ざーんねん、宝塚はちょっと遠いなー。


励みになります、応援クリックお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大和撫子養成所【父塾】


購入した児童書 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■10月に購入した児童書

2018.10.28(07:50) 447

Amazon購入履歴のコピペです。書店で購入したものは含みません。

・『うなぎ 一億年の謎を追う』塚本勝巳
・『奇巌城』ルブラン 南洋一郎
・『消えた宝冠』ルブラン 南洋一郎
・『大金塊』江戸川乱歩
・『青銅の魔人』江戸川乱歩
・『ファーブル昆虫記』奥本大三郎
・『超ビジュアル!戦国武将大事典』西東社
・『火垂るの墓』野坂昭如
・『星になったチロ』藤井旭
・『ブラックジャック』全巻 手塚治虫
・『東大教授が教えるやばい日本史』本郷和人

欲しい本はいくらでもあるのですが、収納スペースの問題が無視できなくなりつつあります。末っ子がいるから古い絵本も捨てるに捨てられないんですよねえ…。

次の手塚作品は『陽だまりの樹』かな?


励みになります、応援クリックお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大和撫子養成所【父塾】


購入した児童書 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■『月刊たくさんのふしぎ』福音館書店

2018.10.23(07:08) 473

ヒラメちゃんに費やした絵本は二千冊を優に超えます。福音館書店さんにもたくさんお世話になりました。

ボクが写真好きなこともあって、『ナショナルジオグラフィック』を買ってはヒラメちゃんにも見せようとしたのですが、やはりまだまだ難しい。それでも視覚に訴える知識を与えたいと思い続けてきました。

そこで、『月刊たくさんのふしぎ』を買い始めました。

20181022204639153.jpg


小学3年以上が対象の月刊誌です。各号で自然科学から民俗まで幅広いテーマが与えられます。

小学生向けの絵本、て感じですね。レベルは高くありません。

約40ページと薄いのに1冊税抜き667円をどう捉えるかですが、下に二人控えていることを考えれば悪い投資ではないかな。

ちなみに、幼児向けの図鑑としてフレーベル館の『しぜん』シリーズは有名ですね。

20181022210112354.jpg


これは写真も絵も美しい。図鑑の入門書のようでもあり、絵本の一種のようでもあり。我が家には多分200冊以上あります。(笑)


励みになります、応援クリックお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大和撫子養成所【父塾】


購入した児童書 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
購入した児童書
  1. ■角川まんが人物伝『クレオパトラ』(01/19)
  2. ■火の鳥文庫(12/04)
  3. ■11月に購入した児童書(11/28)
  4. ■10月に購入した児童書(10/28)
  5. ■『月刊たくさんのふしぎ』福音館書店(10/23)