FC2ブログ

タイトル画像

■1月24日 管理読書

2019.01.24(20:47) 663

Amazonの履歴をコピペして娘の児童書購入記録を公開していたことがありました。最近すっかり忘れてましたねー。(^^;

娘の読書は、もはや半分以上ボクの手を離れた感じです。お!と思った本は買って渡してますが、以前ほどこれ読んであれ読んでと言わなくなりました。

娘は『兎の眼』とか『二十四の瞳』を繰り返し読んだり、『五体不満足』を手にとって「うーん、好みじゃないな」とすぐに放り出したり、ま、いーんです。本を楽しめているならばね。今は『ギリシア神話』ですか。星座の勉強にも役立ちますね。

ボクとしては新しい本をザクザク読み進めるよりも、同じ本を何度も何度も読み返して欲しいです。

その上てもう一皮向けて欲しい。遠藤周作とか水上勉とか、ボクが小学校卒業前後に楽しんでいた作品を早く紹介したいですねえ。

*

SAPIXの入試報告会、早速申し込みました。先日の保護者説明会で「面白いですよー」と先生が仰っていたので楽しみです。


■算数
トップクラス4年徹底理解編 4ページ

■その他
基本セット

大和撫子養成所【父塾】


小3 1月 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■1月23日 ポルチーニ

2019.01.23(23:52) 662

米が主食の我が家ですが、最近パスタの出番が多いです。

父ちゃん流カルボナーラはイチオウ完成し、頻繁にオーダーが入り、その度に卵が1ダースずつ消費されていきます。

そして次なる目標はポルチーニ茸のパスタ。

妻が学生時代に某有名イタリアンで給仕のアルバイトしていたときに、客として食べた味が忘れられません。こんなに旨い茸があったとは…!と。

あの味を再現したいですね。パスタは太りにくいと信じて。

■その他
基本セット


大和撫子養成所【父塾】


小3 1月 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■1月22日 ゾフルーザのデマ

2019.01.22(21:30) 661

テレビやら新聞やらで取り上げられているのでしょうね。かつてこれほど短期間で患者サイドに認知された薬剤はあったでしょうか。

年明けからのインフルエンザ激増と合わせ、あっという間に品薄になったようです。

でも、患者の話を聞くと、多くの方が大きな勘違いをしていることに気付きます。

ゾフルーザはインフルエンザウイルスの増殖を従来の薬よりも効果的に抑制し、ウイルス排出の低下がいち早く認められる、これは正しい情報です。

しかし、「たった1回飲むだけでいい」という事実とあわせ、多くの方がこう勘違いしているのです。

『ゾフルーザを飲むと早く(例えば1日で)インフルエンザが治る』

嘘ですから!!!

有症状期間の短縮効果(つまり事実上の効き目)としては、タミフルやリレンザと大差ありません。せいぜい1日短くなればいいなという程度。

そして耐性化しやすいというデータも臨床医としては無視できません。せっかく優れた薬効をもった薬剤を、乱用することで価値を貶めるなんてもっての他です。

我々がただの風邪に抗菌薬を出さないのは、人類の財産たる抗菌薬の耐性菌増加(抗菌薬の無効化)を防ぐことに真意があります。

ゾフルーザについては、医師サイドもここで少し冷静になった方が良さそうですね。

*

娘の組分けですが、α1編入が確認出来ました。激励応援の言葉を下さった皆さん、ありがとうございました。

■その他
基本セット

大和撫子養成所【父塾】


小3 1月 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■1月21日 数学事始め

2019.01.22(00:04) 660

ヒラメちゃんには小学算数の要点(基本)一通りは理解出来ても応用問題をス~ラスラ、というわけにはいきません。トップクラス4年レベルはじっくり腰を据えてという趣です。

足踏みだけしているのも面白くないので、最近中学数学を始めてみました。啓林館の教科書と傍用問題集を使ってルンルンと気楽に講義していきます。

何故か。

小学レベルの計算問題でも、例えば一次方程式は普通に顔を出します。それを解くにあたり、負の数や移項の概念を知っているだけで(教えるボクが)楽になるのです。

幾何の合同・相似条件や証明の概念についても理解出来るなら知っておくに越したことはありません。

まあいつまで続くか分かりませんが、ボクの得意分野に一歩ずつ近付いてくる娘が嬉しくて。

■その他
基本セット

大和撫子養成所【父塾】


小3 1月 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■1月20日 リレンザ予防投与

2019.01.21(00:05) 659

ボクは当直、妻子は里帰り。

日曜日の勤務を減らすべきか否か。月に1~2回程度とはいえ、妻子と過ごせるはずの休日を失うのはつくづく淋しいですね…。

それにしても、夜間休日診療の度に「これでよく自分はインフルエンザにならないなあ」と感心するほどたくさんのインフル患者がやって来ます。

今日は中学受験生のお母さんがインフルエンザの診断となりまして、ゾフルーザをご指名でしたが、自宅で待つその娘さんのためにリレンザ予防投与の処方箋を切って欲しいと依頼されました。

その気持ち、よーく分かります。よーく分かるんですけど、本当に申し訳ないんですけど、頭を下げてお断りしました。

それは救急病院の救急医の仕事ではないのです。明日にも小児科医と相談として下さい、と。

あー、早く誰かインフルエンザウイルスを撲滅してくれないかな。ノーベル賞間違いないんだけどな。

■その他
基本セット

大和撫子養成所【父塾】


小3 1月 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
毎日の記録
  1. ■1月24日 管理読書(01/24)
  2. ■1月23日 ポルチーニ(01/23)
  3. ■1月22日 ゾフルーザのデマ(01/22)
  4. ■1月21日 数学事始め(01/22)
  5. ■1月20日 リレンザ予防投与(01/21)
次のページ
次のページ