FC2ブログ

タイトル画像

■長女の学習記録

2020.04.13(10:10) 936

4月も半ばというのに冷え込みますね。娘の長い春休みも既に1ヶ月半ですか。

さて、いま娘が優先的に取り組んでいるのはやっぱりSAPIXのテキストです。授業があるときと同じようにこなしていますが、最近の教材は今までの復習が主体なのでボクの出る幕はなし。

算数は予習シリーズ五年下の演習問題集も解き直しています。一部、主に速さの問題ですが、時間が経つとどうしても解けなくなってしまうものがありますので、そういう問題をピックアップしています。ここに今乗り越えるべき壁がありそうかな。

国語は他にZ会。問題文も設問も、娘がいうには「SAPIXより難しい」と。添削答案は、こちらから郵送したものが数日でスキャンされて端末上にアップされます。赤ペンでの添削・アドバイスも最早手書きではないんですね。

理科は、4年生のSAPIXテキストを復習しつつ、コアプラスと日能研のメモリーチェックをコツコツ進めているようです。そろそろ物理分野を教えてみようかなと思っています。

社会は白地図と、やはりコアプラスやメモリーチェックを少しずつ。白地図もSAPIX以外に日能研や文英堂のものなどを取り揃えています。4年生のSAPIXテキストも復習して欲しいと思っていますがまだ手をつけてません。

時間がありますので英語の父ちゃん塾も再開しています。迷いましたが高校教科書には手を出さず、高校入試の易しめの読解問題を使って、そうですね、週に三回、一時間ずつくらいですかね。ボクはオンライン英会話もいいんじゃないかと思うんですが、シャイな長女は及び腰。ま、そのうちかな。

大和撫子養成所【父塾】


小5 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■朗読教材

2020.04.10(22:05) 931

長女に渡した父ちゃん手作りの朗読教材。
毎日必ず朗読させています。

唱歌の歌詞が主体ですが、反復は力なりで、いつの間にか暗唱していました。『我は海の子』や『旅愁』、『冬の海』、『蛍の光』などなど。

流石に朗読する方も飽きているでしょうし、それを聞く方も耳にタコになりましたから、第二集を制作中です。

第二集は室生犀星と高村光太郎といった父ちゃん趣味全振りの自由詩と、俵万智や穂村広、東直子といった現代短歌で攻めたいと思います。

めあては「いかに心を込めて読むか」です。なお、長女はこれ以外に古典と漢文の朗読教材があります。ちょっと多いかな?でも本人から文句は出ていないし…とりあえずdoで。

余談ですが、医者のいう「do」はdittoのことです。「処置do」とか「do処方」などのように使います。「変更せず同じことをする」、という意味ですな。ときどき意味を知らずに使ってる(動詞のdoと勘違いしている)医者もいますが。

大和撫子養成所【父塾】


小5 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■算数と数学

2020.03.22(13:27) 900

この三連休は算数の特訓に費やしました。旅人算や仕事算といった特殊算を集中的に。

これで特殊算は一通り出揃ったと思いますし、その他の単元をパラパラ眺めても未修単元はなくなったのかな。途中ペースダウンしましたが、何とかここまで来ましたね。

いつの間にか比を使えてますし、旅人算のグラフでも幾何に結びつけて解いてみるなど、なかなか成長を感じました。

いわゆる方程式を使った解法の方がいいと思ったときはそちらも併せて教えていますが、娘はめったに使おうとしませんね。結局、解ければどっちでもいいじゃんという結論に至っています。

かつて、数学も教えてみようと思ったこともありますが、ほんの一時の気の迷いで、今は全くそんな意欲が湧きません。

いま数学を勉強したところで意味がないです。鉄緑会などで中学生を教えた経験から、つくづくそう思います。御三家クラスの中学一年生の吸収力たるや凄まじいですよ。あっという間に教科書を駆け抜けていきます。

そういう勉強はそういうタイミングでやるに越したことはありませんよね。

大和撫子養成所【父塾】


小5 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■娘の生活:休校中

2020.03.14(17:51) 890

学校も習い事も全てがお休みになって生活が激変しましたが、総じて娘はプラスに捉えているようです。呑気なもんです。

睡眠時間は十二分にとれますし、映画や漫画も楽しんでいますし、唯一のストレスは公園で遊べないために体力が有り余っている弟妹と四六時中顔を合わせなければならないことでしょうか。

勉強面を記録しておきます。

まずは、起床と共に基本セットを開始。先日記事にあげた内容に二三追加がありますが、それをサクッと終わらせています。ただし、量としては平時(学校や塾のあった時)の二倍、三倍をこなしてもらっています。例えば塾の教材を中心に取り組むと決めた日は二倍量、そうでない日は三倍量、などのように。

あれだけ朝の学習を拒絶していた娘とは思えませんが、考えてみれば平時なら学校で勉強しているわけですからね。娘なりに『学校の代わり』と思って粛々と受け止めているようです。

ま、基本セットなんてごく短時間で終わります。

そして日によってはSAPIXのテキストを片付けますが、ボクがチェックするのは漢字と理科くらいです。

その他の教材をメモします。

■算数
ゆっくり進めてきた四谷大塚の予習シリーズ五年下はそろそろ一周目が終わりますので、二周目は演習問題集にしようかなと考えていますが、最近は日能研のウイニングステップ五年で復習もしています。



『ハイクラスドリル6年』の解き直しもしばしばやってますが、こういうつまみ食い的な多方面同時進行は相変わらずボクの習性ですな。

■国語
基本セットに『はじめての論理国語小五』を入れました。一人でコツコツやっていて、いつの間にか文法を独習しているようです。



問題演習としてはSAPIXの教材だけなので、本当は予習シリーズでもどうかなあと思うのてすが、今は読書と語彙と音読でいいやと割りきってます。

語彙といえば、ボクが小学生の頃にことわざを習得した『まんがで学習ことわざ事典 全5巻』は娘も未だに愛読しています。



作者の吉田ゆたかさんはこのシリーズの発刊直後に若くしてお亡くなりになったそうです。

読書に関しては、まあ、気付けばソファに寝転がって読んでます。姿勢が悪いよ!と注意するのですが、「父ちゃんの真似」と言われれば返す言葉もなく。

ハリーポッター熱も一段落し(これが休校で一番の恩恵かも)、今日も文庫を四、五冊買ってきたようです。どれもボクの知らない小説だったので、あとで見せてもらいましょう。

■理科
SAPIXのテキストを叩き台に父ちゃんの講義。表紙だけで二、三時間かけることもあります。最近は長男もちょこんと混ざって真剣に耳を傾けてくれるのが可愛らしい(笑)。図鑑をあれこれ持ち出して一緒に調べたり、デンプンや葉緑体を顕微鏡で覗いたり、「そういえばスズムシの卵は今どうなってる?」とか「カブトムシの幼虫の重さを量っておこうか」とか「オオクワガタは無事に越冬出来てるか確認しよう」とか、脱線ばかりです。いろいろ問題集は揃えましたが『自由自在問題集』以外はほとんど手付かず。今は雑談とコアプラスの反復でいいんじゃないかなあと。先取りもしていません。

幼稚園児と娘が一緒に勉強しているのは妙だと思われるかも知れませんが、「たいていの昆虫の天敵は鳥だけど、昆虫は鳥から逃れるためにそれぞれどのような工夫をしているでしょう?」のような問題を出すと一生懸命考えてくれて議論白熱しますよ。どちらの方がたくさん答えられるか競わせるのです。図鑑好きな長男が意外と強い(笑)。苦笑する娘も刺激を受けるわけです。

あ、そうそう。自由自在はこの春全面改訂されましたね。算数、理科、社会は購入してみました。まだちゃんと見比べてませんけど…。



■社会
コアプラスや白地図はコツコツやってますし、SAPIXのテキストも一人で取り組んでいます。

SAPIXの教材以外には特に手を着けていません。公民や歴史についてはまだボクに分がありますから、新聞やテレビニュースの話題で目についたもので話を広げるようにはしています。娘は今、松戸の虐待死事件に関心があるようで、先日の求刑を機に刑事事件の仕組みを説明しましたが、ボクもちゃんと勉強しないとそのうち足元を掬われそう。



こんな感じです。この倍くらいは余裕だと思いますけど、映画や漫画も大事だし、趣味にあてる時間も確保してあげたいですからね。今のうちはね。

大和撫子養成所【父塾】


小5 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■『SAPI×漢』

2020.03.05(08:26) 875

かつてボロボロだった漢字の書き取りは、いつの間にかずいぶん出来るようになりました。

読みの方は昔から得意で、読めるなら書けるじゃろと思うのですが、なかなかそう上手くはいかなかったのでした。模試でも漢字問題の半分を間違えたり、記述でも漢字の間違いで失点を重ねたり。

それがここまで克服出来た秘訣は何かと言いますと、本人の意識の変化が一番大きいと思います。本人に「書けるようになりたい」「このままじゃヤバい」と思わせればこちらのものです。

とはいえ、誤った刷り込みによる誤字は今も目につきますし、まだまだ得意というにはレベルが低すぎます。例えば「未」と「末」をときに混同するんです、情けないことに。

せっかく本人の意識が高まってるのですから、何かいい教材をと考えました。市販の漢字ドリルはたいてい問題数が少なすぎます。漢字は各学年全て漏れがなくとも熟語は網羅出来ていません。

そこで、今は『SAPI×漢』に取り組んでいます。



この教材はSAPIXの国語のテキストに毎週収録される、漢字の単元をまとめたものです。筆順などの他に五つの例文が載っていて、それだけ熟語を含めた用例が多く採用されているわけですが、その例文中に登場する(見出し語とは別の)漢字も意外と難しい。例えば『潔』の項目では「不潔なので掃除する」、「簡潔にまとめる」のように。これらの漢字も全て書けるかまで併せてボクがチェックしています。

毎日少しずつ、というやり方はボクらには合いません。時間のあるときにがーっと進めて、書けなかった語句を片っ端からEvernoteに突っ込んで、時間のあるときにがーっと復習するというのがいいですね。

大和撫子養成所【父塾】


小5 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
小5 学習
  1. ■長女の学習記録(04/13)
  2. ■朗読教材(04/10)
  3. ■算数と数学(03/22)
  4. ■娘の生活:休校中(03/14)
  5. ■『SAPI×漢』(03/05)
次のページ
次のページ