FC2ブログ

タイトル画像

■長女:持つべきは友

2020.07.05(07:49) 1043

長い休校期間が明けて、久しぶりに再会したお友達から手紙を頂いたそうです。その子は学校だけでなく同じSAPIX校舎にも通っています。

綺麗な字で書かれた優しい文章のほかに、自作の切り絵まで添えられていました。そのお嬢さんのお母様がおっしゃるには、うちの娘がいるからSAPIXも頑張れる、休校期間・ZOOM授業期間は娘に会えなくて涙を流していたと。

なんと有難いことであるよと親子で感激しました。

良い友達をもったねえ。有難い有難い。

大和撫子養成所【父塾】


小5 生活 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■刑務所のよう

2020.06.27(22:27) 1032

娘の小学校は給食も含めて再開しています。

しかしその実態は、休み時間も放課後も立ち歩きは禁じられ、友達とじゃれあうことも許されず、掃除やクラブ活動まで停止され、給食は全て一人黙々と前を向いて摂取する生活のようです。もちろん林間学校や文化祭的な催しも授業参観も無期延期。うわあ…ですよね。

こんな生活がいつまで続くのでしょうね。

これなら、Web授業でたまにスクーリングがあれば十分じゃないかとすら思えてしまいます。

学校生活を完全に回復するためにはワクチンが必要です。風邪ウイルスに対する有効性の高いワクチンなんか作れるのかなーなんて思っていましたが、そこは専門家もしっかり考えていて、種々の新しい技術を組み合わせ、実現に向けて鋭意取り組んではいるようです。期待するしかない!しかし、それでも津々浦々にまで行き渡るのは当分先の未来でしょう。

子どもはやはり感染リスクも発症リスクも排菌量も少ないようですが、担任の先生方はそうではありません。先生と放課後に遊ぶなんて小学生時代は、娘には望むべくもありません。

なんて話を妻としていましたら、「え?先生と遊ぶってどういうこと?」と娘。

そういえば、コロナ以前より娘からそんな話を聞いたことはなかったですね。

昔は、少なくともボクや妻の小学校では、放課後には担任の先生と裏山に行ったり校庭で遊んだり、先生のお宅に押しかけてお菓子をご馳走になったりしていたのですが、少なくとも最近の都立小学校では、そんな光景は元々なかったようです。これも時代なんでしょうね。

故郷の小学校は、今はどうなっているのかなあ。

大和撫子養成所【父塾】


小5 生活 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長女:反抗期

2020.06.23(07:55) 1026

薄々感じていましたが、どうやら長女は反抗期のようです。

といっても重篤なものではなくて、対象もボクではなくて妻で、小さな諍いかしばしば発生するという程度。喧嘩なんてものではありません。

普段はニコニコ仲良くやってるのですが、妻の注意や言い方にカチンとくると、口応えが始まります。

妻「明日の持ち物、確認したー?」
娘「したよー」
妻「これはなに?(と、忘れ物を指摘する)」
娘「分かってたのならはじめから言ってよ!!なんでそういういじわるするのかな!!プンプン」

妻の名誉のために言いますと、妻は嫌味でも意地悪でもなく、純粋に「これは持っていかなくて大丈夫なものなの?」と訊きたかったのですが、娘に言わせればそれならそう言えばいいではないかと。いや、本当に取るに足らない諍いなんですが、何だか最近増えたなあと。

妻は妻で、自分にも経験があるのか、よく理解を示しています。同じ土俵に立たないのが反抗期の対応としては正解でしょう。二人とも気分の切り替えが早いので、すぐにゴロニャンと仲良くしています。

父と娘の関係は今のところ至って良好です。この年齢の反抗期ではそういうものらしいですね。

大和撫子養成所【父塾】


小5 生活 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■生活環境を整える

2020.06.18(20:31) 1021

幼い弟妹がいるというのは、長女にとって喜びでもあり目の上のたんこぶでもあり、というところでしょうか。

弟妹も勉強の比重が高まるにつれ、彼らのワークや問題集も増え、本棚が圧迫されるだけでなく、長女の主な勉強の場であるダイニングテーブルもずいぶん狭くなりました。

筆記用具も散乱しやすくなり、娘が大切に使っている消しゴムを弟が鉛筆でブスブス刺したり、妹がボロボロに砕いたり、基礎トレにクレヨンで落書きしたり、お茶をこぼしたり、ははは、もう笑うしかないっていうカオスなときもあります。

やはり、そろそろ勉強の環境を整えてやる時期でしょうか。

いや、勉強だけではありません。
実はわが家、未だに家族全員で寝ているのです(セミダブルベッド二台連結)。娘は自分のベッドで寝ることを拒否していましたので。

ところが、「川の字」といえばまだ聞こえはいいのですが、実態は「丼の字」です。ボクは床に就いたときとほとんど同じ姿勢で目が覚めるほど寝相が良いのですが、それ以外はもう夢遊病患者レベル。顔を蹴られて目が覚めることもしばしばです。非常に腹立たしいのですが叱ることも出来ず。

さらに、適温も異なります。妻は冷え性ですが、他はみんな暑がり。これからの季節、エアコンの設定を巡る争いが激化するのは必定。

とにかくボクは、娘の勉強と睡眠の質をあげてやらねばなりません。

娘の部屋は半ば物置きになっているのですが、思い切って断捨離して、彼女が落ち着いて机に向かえるようにしてあげよう、そう妻と決めました。

即日行動に移し、本やストーブ、衣類などを大量に捨てました。が、まだまだ不十分。しばらく我が家の断捨離は続きます。

大和撫子養成所【父塾】


小5 生活 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長女のコーヒー

2020.06.13(17:27) 1015

あなたは勉強しててくれればいいの、家事はボクらがやるから。

とは思いません。家の仕事を手伝うのは当たり前。布巾を絞るのだってお風呂を洗うのだって水槽の水を換えるのだって、工夫と知恵の宝庫ですから。

しかし、当たり前といいつつ、手伝ってくれるのはやっぱり有り難く嬉しいものです。



娘にペーパードリップを教えたのは正解でしたねえ。

「コーヒー、淹れてくれる?」というと、「○○(ブレンド名)にする?"グアマテラ"にする?それとも?」なんて気取って訊いてきます。娘自身もブラックコーヒーを飲めるようになったので、嬉しそうに用意してくれます。

娘の淹れてくれたコーヒーを朝から飲める幸せ。

いやはや…親父臭い感慨ですね。

次は緑茶の淹れ方ですかね。これで煎茶もなかなか奥が深いのですが、まずはどういうお茶が美味しいのかを知らなくてはね。

大和撫子養成所【父塾】


小5 生活 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
小5 生活
  1. ■長女:持つべきは友(07/05)
  2. ■刑務所のよう(06/27)
  3. ■長女:反抗期(06/23)
  4. ■生活環境を整える(06/18)
  5. ■長女のコーヒー(06/13)
次のページ
次のページ
人気ブログランキングへ