FC2ブログ

タイトル画像

■漢字が苦手な子に

2019.01.11(10:26) 645

漢字はしっかりやらなあかん!ということを、娘もよく分かってはいるようです。

幼児期から絵本や児童書を浴びせてきたので読みはスラスラなんですが、それと同時に字を書くのが大好きに育ってしまい。幼児の親としては「いいよいいよーどんどん書きなーエライエライ」と細かな訂正をしてこなかったら、小学生になって「書き」、特に細かなトメハネハライが…壊滅。

この1年、我流で覚えてしまった書き順を口うるさく訂正し、鉛筆の握る角度にまでいちゃもんをつけ、音訓の違いや熟語の読み下しなど、それなりにコツコツはやってきました。毎週20分位でしょうかね…。そして最近は

ボク「算数のカイホウ」←書きの指示
娘「解く方法ね!」

普通に漢字を習得してきたご家庭では当たり前の光景でしょうが、娘はこのように漢字の字義や音訓での推定、「読み下し」というものをほとんどしていなかったのです。いやはや呆れた。漢字が苦手だったわけだわい。

トメハネハライについては入学時より硬筆と毛筆の教室に通い、この1年ほどは綺麗な字を書きたいと自分から強く願ってくれたのも大きかったです。まず字体を細部までよく見るようになりました。何となく「こんな形だったかも」といういい加減な書き方はしなくなりましたし、何よりも本当に綺麗な字を書くようになりました。

これから漢字を習得しようと考える低学年、幼児の皆様、最初が肝心ですぞ!漢字だけにね!


さて、いま我が家で取り組んでいる漢字の学習手順を記録しておきます。

我が家にら小4~6年までの薄っぺらい漢字ドリルがたくさんあります。どれが一番かは分かりません。興味もありません。「1日5分」だの「朝学習用」だの、数百円のものはとりあえず買う。こんなの↓。
   
似たようなものをたくさん買ったのはなるべく多くの言葉に触れてほしいからです。というのは嘘で、似たようなのを既に持っているのを忘れて次々買ってしまったのです…(涙)。

あとは『サピ漢』。これ、手元にあると便利ですね。

書き順、部首、正解なトメハネハライなどをババッと調べられる。さらに基本的な例文の中には「お、こんな言葉も紹介してくれるのね」的な、薄いドリルにはまず出てこない熟語も混じります。例えば『鉄』の項目では「鉄面皮」、 『使』では「使節」、『酒』では「お神酒」とかね。ちょびっとですけど。

教える親にとっては便利な武器です。こどもが自主的にどうこうするものではなさそうですけどね。(どうせなら漢和辞典を使って欲しいから)

とにかくこういう教材の片っ端からボクが口頭で「書き」の指示を出すわけです。「読み」の問題も全て「書き」として書かせます。書ければ読めますから。

書けなかったもの、悩んだもの、時間がかかったものはメモしていきます。このメモが大変貴重でして、ドリルの方は1周で破棄してメモの方を繰り返し確認していきます。この学習は極めて効率がいいですよ。語彙も増えます。

毎日10分でも継続できれば怖いものなしになるんだろうけど、漢字学習を嫌うんですよねえ、うちの娘は…。

それでも何とかやる気を鼓舞し、今の娘の漢字力は4年についてはもう少しで父ちゃん的合格レベル。そろそろ5年目ドリルを始めていこうかなというところです。

実際、娘にとっては5年も6年も変わりません。読めるけど書けない。それも呆れるほどに。

大和撫子養成所【父塾】


小3 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■予シリ:応用演習問題集算数4年上下

2019.01.10(11:23) 643

予習シリーズを試してみました。といっても手元にあるのは4年のものだけ。算数はテキストの他『応用演習問題集』を買ってありました。(書店で立ち読み出来ないので買う必要があるのが難点ですなあ)

テキストの方は残念ながら娘には少し易しくて、これを主に据える必要はなさそうです。一方『応用演習問題集』は良さそう。

『応用演習問題集』は『応用問題A』、『応用問題B』、そして『総合』からなります。

易しめの『A』は各回4題、難しめの『B』は2題。『総合』は各テーマ4回分ごとに現れます。例えば『上巻』は20回ありますが、『総合』は5の倍数回にあたります。

ちょっと数回分を娘に取り組ませてみました。

『A』はトップクラス4年徹底理解編の標準~ハイクラス程度でしょうか。ほぼスムースに解答出来ます。時々筆が止まり、ヒントが必要になったものもありましたが。(^^;

『B』は実際の入試問題そのもの又は改題されたもので、そう易々とはいかないようです。じっくり考えないといけません。

出題校は開成だの慶応だの武蔵だの、ははあ、これが噂に聞く「かつて難関校で出題され話題を集めた問題が広まって、今や有名問題として標準レベルまで降りてきた」ってことかなと。いずれにしても今の娘には目新しく、たっぷり頭を使って取り組むべき良問揃いとお見受けしました。

全体的に問題数としては少ないので、今後この問題集を試してみたいと思います。

5年以降のテキストや問題集の内容は分かりませんので注文しておきました。四谷大塚さんはしっかり送料手数料を請求してくれるので、一回の注文数が多くなってしまいますね。(笑)

大和撫子養成所【父塾】


小3 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■算数の進め方に一考の余地あり:弐

2019.01.09(06:34) 639

先月の記事ですが、娘の算数について検討中であると書きました。
『■算数の進め方に一考の余地あり』

その後、冬休みを挟んでトップクラス4年徹底理解編を進めて来ましたが、後半も終了間際ということもあり、なかなかスイスイというわけにはいきません。やはりスラスラ解ける快感は必要と思い、小学標準問題集算数5年ハイクラステスト算数4年を解かせもしましたが、何ていいますか、しっくりこない。

これらの問題集とトップクラス4年シリーズの間には、やっぱり無視できない溝があるんですよね。手応えがない。単純に"ボクが"面白くないというのもあります。何かいい問題集はないものか…。

一方でボクとの家庭学習には、単元ごとに数ページずつ並んだ総合問題集を軸にしているがために、各単元の掘り下げが甘いのではないかという危惧もあります。例えばつるかめ算にしても日暦算にしても、娘にはひと通り教えて基本問題は解けるでしょうが、少し捻った初見の類題にどこまで対応出来るでしょうか?(出来る必要があるのか?という疑問もありますが)

ボクが研究するつもりで購入した四谷大塚の予習シリーズをみても、テキストは各単元ごとに類題が豊富ですし、別冊の基本、標準、応用と問題集がたくさん用意されています。

ハイレベやトップクラス、ハイクラスドリルのような一冊完結型の学習はそろそろおしまいにして、今後は掘り下げることを意識した方がいいのではないか?

なので、トップクラス4年徹底理解編が終わったらこれをもう一回繰り返そうかと思っていましたが、主軸として予習シリーズに手を出してみようかとも思案しています。

うーん、悩ましい。

大和撫子養成所【父塾】


小3 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■カタカナ語辞典

2019.01.07(09:30) 636

『トップクラス国語4年』は2周目ですが、ほんの少し外来語を扱うコーナーがあります。これが1周目に引き続きズタボロで。(^^;

ガイドライン、コストダウン、グローバル…

ま、そりゃそうですね。ふつうの小3女子が日常で出会う言葉じゃありません。教えなかったら知っているわけがない。ボク自身がふだん極力カタカナ語を使わないように意識しているのも一因でしょう。

で、買ってみました。『小学生のまんがカタカナ語辞典 』。

こんなのを読んだ程度ですぐに血肉になれば苦労はしませんが、とりあえずざっと通読して「聞いたことがある」言葉を増やしましょうね。

*

この手の本は親が「読め」と言って読んでもなかなか習得しません。本人が自発的に「覚えたい!語彙を増やしたい!」と考えて手に取るのが一番理想的です。その日まで本棚の肥やしでもいいと思います。

大和撫子養成所【父塾】


小3 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■詩の観賞:共通認識

2019.01.05(08:40) 632

粉雪が舞う田舎の朝に梅や水仙や椿が咲いた、そういう情景をうたった三好達治の『こんこんこな雪ふる朝に』。

この詩を通じて作者は何を訴えたかったのか?それは「もうすぐ春が訪れる喜び」です。

大人にとって簡単といいますか、脊髄反射レベルで即答するようなステレオタイプな問題でも、子どもにとっては決して容易ではないのですね。

娘の答えはふたつ。

「冬に春の花が見られて嬉しい」
「寒いのに梅の花はがんばったんだな」

稚拙とはいえこれはこれで子どもらしくて微笑ましいのですが、やはり寒さ厳しい冬に春を待ちわび、春の小さな兆しを見出だして喜ぶ詩人の素直な感動を答えに盛り込んで欲しい。それがこの作品の原動力なのですから。

そのためには「冬」は寒く冷たくつらい沈黙の季節であり、「春」はそこから解放される温かで光溢れる希望の季節であるという、大人にすれば陳腐も陳腐、実に月並みな「語感」をまず知っておかなければならない。我々には『冬』=『春を待ちわびる季節』という共通認識があるわけです。大事なのは「ふつう、人はそう考えるものだ」と認識しているにすぎす、「別に皆が皆、同じ印象を抱くとは限らないし、そう感じなければならないわけでもないけどね」とも認識しているということです。平たく言えば単なる建前です。

この共通認識を、娘は学んでいかなければなりません。

これを軽視するつもりはありません。むしろ大変重要です。何故ならその共通認識を乗り越えて初めて個性が確立されうるからです。枕草子が千年も評価されたのは、『春』に桜が咲いただの散っただのという当たり前のステレオタイプを悠に脱却し、明け方の雲だけに着目し、桜の『さ』の字も使わなかった感性の意外性と共感性にあります。

さあどんどん詩を読んでいこう!

大和撫子養成所【父塾】


小3 学習 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
我が家の学習
  1. ■漢字が苦手な子に(01/11)
  2. ■予シリ:応用演習問題集算数4年上下(01/10)
  3. ■算数の進め方に一考の余地あり:弐(01/09)
  4. ■カタカナ語辞典(01/07)
  5. ■詩の観賞:共通認識(01/05)
次のページ
次のページ