FC2ブログ

タイトル画像

■イソジン狂想曲

2020.08.05(18:38) 1089

今度はイソジンですか…。

買い占めた!とわざわざ連絡してきた友人がいましたが、大変言いにくいけれど、使い途に困るでしょうねえ。

そもそも、イソジンうがいがコロナウイルスに対して「肺炎を治癒させるのか」、「重症化を防げるのか」、「感染を予防するのか」、「ウイルスの排出を抑制するのか」、「ウイルスの感染力を弱めるのか」などなど、どういう側面に有効なのかを明示しない報道の姿勢(あたかも有望な即戦力になりうるという期待が先行するような表現)に終始して、知事の発言は極めて非医学的であり公序良俗に反すると言わざるを得ません。

だいたいですよ、風邪予防にイソジンうがいが効くなんて考えている医師はほとんど居ないのではないかな。むしろ口腔・咽頭粘膜を傷害して感染しやすくなるという報告もあります。

もっとも、イソジンは消毒薬としての歴史は古いものの殺菌力は現役クラスでして、汚染創の洗浄や術野の消毒には大活躍していますが、家庭レベルでの消毒、例えば包丁の切り傷や転んで擦りむいた膝小僧の消毒にはオーバーといいますか、不要というよりも寧ろ有害性の方が問題になるくらいです。

慣れ親しんだイソジンも薬ですからね、害もあるんですよ。



医学論文に基づくニュースや報道は、 吉村知事に限らず、「ろくに分かっていない者が読者の気を引くために、したり顔で声高に主張するものだ」ということを知っておいた方がいいです。

医学的な論文を『創る』ことは実は簡単で、ほとんどが統計学的操作による「見掛け上もっともらしい」データが論理の主軸になりますから、恣意的な捏造の温床になりやすい。そして、その論文の読者は容易に追試出来ないことが殆どなので、性善説に基づいて信用しつつ、批判的視点で常に反駁し続ける姿勢が求められます。

「主治医に訊ねても白黒はっきりしない曖昧なお返事に終始した」なんていう不満を患者から聞くことがありますが、一部の医師がそういう煮え切らない態度になるのは、(好意的に解釈すれば)科学的に誠実であろうとする姿勢の表れかも知れません。なんちゃって。



喫煙者は新型コロナウイルスに罹患しにくいという報道が一時期なされました。中国、そしてフランスでもそのような傾向があるという論文が発表されたのでした。

こういう意外性のある論文は一般紙でもニュースとして取り上げられやすい。

でも、その論文を受理した雑誌がどこで、著者が誰で所属機関がどこで、その報告内容と利害関係にある企業・政府との関わりの有無、もちろんどのようにデータを集めて解析したのかまで読み込まないと信用してはいけないものなのです。それくらい医学論文は疑ってかかるべき読み物なのです。

実際、件の論文たちはタバコメーカーからの資金援助を受けていたり、雑誌そのものがお金を払えば掲載してくれるような質の低いものでしたので、あの報道を今も信じている医者がいればどうかと思いますし、一般の(特に喫煙者の)方々にはくれぐれも信用しないようにお願いします。


大和撫子養成所【父塾】


医療のメモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■自律訓練法:弐

2020.07.31(11:21) 1084

ここまで書いてきて、何だこいつ、オカルト主義者か?と眉を顰めている方もおられるかも知れませんね。

いやいや、例えばスポーツに一定の水準以上に打ち込んで来た人、特にプロフェッショナルにこの話をすれば、たいてい同意して下さるどころか、既に(誰に教わるでもなく)ご存知であることが多いのです。

「俺ってストロングだぜえ~!」と自分に言い聞かせるのも大切ですが、休むべきときは休むことも重要で、身体と心を休ませるためには全身の筋肉の緊張をほぐし、血管を弛緩させ、深い眠りに落ちるのが一番なのです。

でも、全身の筋肉の緊張を抜くっていうのは、言うのは簡単ですが実行するのは案外難しい。肩凝りの人なんか、例えばベッドで横になってまさに寝ようとしている時ですら、首回りに力が入っているものです。全身脱力は意識して訓練しないと出来ません。

柔らかな布団の上で、地球の引力に引かれ、どこまでも落ち込んでいくイメージ。そこに到達するまで一切身体を動かさないようにします。

この「意識して全身脱力する」ことが出来れば、あとは身体の隅々まで血流が流れる(爪先までポカポカする)イメージをしながら静かに横になる。

ボクはそれだけで十分にリラックス出来ます。

ベッドに入ってこれを始めると三分もしないうちに眠ってしまいます。昔は睡眠薬が手放せないほど不眠症に悩まされたのが嘘のようですね。

少しでも興味を持たれた方は、試しに検索してみて下さい。

こんな本もあります。


娘にもそのうち教えてやらにゃあと思っちょります。

大和撫子養成所【父塾】


医療のメモ トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

■自律訓練法

2020.07.31(11:06) 1083

ボクはいま、自他共に認める呑気な人間ですが、若い頃はそれなりに色々ありました。学業や運動においていかに自分のパフォーマンスを発揮出来るかという極限(?)状態も然り、人間関係でのいざこざも然り。

武道(柔道と弓道)に親しんでいて、子どもの時分から単純な瞑想の持つ効力を自覚していましたし、大学受験の前後では禅に関心を持った時期もありました。

とにかく、己のパフォーマンスを十分に発揮するためには心身両方のコントロールが大切であると実感していたのです。

最終的に行き着いたのは『自律訓練法』(の基礎を拝借すること)でした。

これはドイツの精神科医が提唱した自己催眠法で、いろんな効用が謳われていますが、ボクに言わせれば重要な点は次のふたつだけです。

自己催眠(セルフマインドコントロール)を効果的に達成するための条件は『身体が重いこと』と『身体が温かいこと』。

身体が重いというのはあらゆる筋肉が弛緩した状態を示します。身体が温かいというのは全身隈無く血流が行き渡っている状態を示します。

このようなとき、人の精神は覚醒時において最もリラックスしているのです。なので、自分の心身を休ませたいときには、まずそのふたつの条件が成り立つように努めるのが近道である、というのが大まかな主張になります。

長くなりましたので、次に続きます。

大和撫子養成所【父塾】


医療のメモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■コロナメモ:弱毒化は本当か

2020.07.27(22:21) 1075

重症患者の隔離により促進されるウイルスの弱毒化。ワクチンよりも早い人類の光明になるかも知れません。

西欧では既にウイルスが弱毒化しているのではないか、という報告が散見されるようになりました。確かに、一日あたりの死者数だけをみれば、数ヶ月前の地獄が嘘のように沈静化しています。

日本の現在においてもまた、感染者が増大しつつあるのに死者数は一向に増えない事実と符合しているのではないか、と考える人もいるようです。

しかし、それはまやかしです。多分。少なくともまだ油断してはいけない。

フランスやイタリアで感染者数が減ったのは、ソーシャルディスタンスと手洗い、マスクなどの衛生観念が広まったから。

日本も含めて死者数が減ったのは、高齢者への感染が初期に比べて著しく抑制されているから。医療スタッフの感染防御技術が高まったから。

そう考える方が合理的です。少なくとも、医療者としては。

その一方で、医師や看護師の間でも、「コロナは大したことない、ただの風邪だ」と嘯く人が増えた気がします。ボクの回りでは確実に増えました。

でも、この一週間をみても、重症患者は増えています。それにリンクしてか、感染者のうち高齢者の占める割合もじわじわと上がってきている。大規模な院内感染が起これば一発で犠牲者が増えるでしょう。

油断する医療スタッフの存在が何より怖いです。



ボクと妻の実家の考え方は全く異なります。

妻の実家は北東北の寒村であり、コロナへの恐怖は『村八分』への恐怖に重なります。一言で言えば「来るな」。「東京から来た人に会ってしまったら、二週間は人に会えなくなる」。これは介護サービスのスタッフから言われた言葉です。エビデンスや理屈ではなく、とにかく感染で社会から孤立することを恐れている。

一方、ボクの実家は黒潮の洗う温暖な漁村で、もともと呑気な人が多いのですが、「なぜお盆に帰ってこない?」。「わたしらは何にも怖くない」「東京と違って空気がいいから、むしろお前たちもこっちに避難したらどうだ」と。

やれやれ、正しく恐れることの難しさを痛感しますね…。

大和撫子養成所【父塾】


医療のメモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■コロナメモ:政府は覚悟を決め、魔の手が忍び寄る・2

2020.07.13(19:25) 1054

情報が錯綜しましたが、どうやら我が家の周囲にCOVID-19患者の発生はなかったようです。

しかし、時間の問題ですね。

我が家は、ようく考えた末、弟妹の通園や習い事は全て自粛することにしました。長女のみ、手洗い等の手順を再び確認したうえで、通学・通塾を継続します。



五年生というタイミングですが、娘の中学受験はどうなるのでしょうか。

昨年中にいくつかの学校見学に行っておいたのは本当に良かった。学園祭もボク自身複数体験しましたし、ボクの都合がつかないときは「申し訳ないなあ」と思いつつも義妹が娘を連れていってくれましたし。

そして、家族旅行。
熊本大分旅行は計画倒れ、京都奈良旅行は泣く泣くキャンセルでしたけど、北に南にとにかく足を伸ばしました。お金は計算したくないですけど、今となってはまさにプライスレス。娘には良い思い出となったはずです。

この夏は…どうしましょうかね。

大和撫子養成所【父塾】


医療のメモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
医療のメモ
  1. ■イソジン狂想曲(08/05)
  2. ■自律訓練法:弐(07/31)
  3. ■自律訓練法(07/31)
  4. ■コロナメモ:弱毒化は本当か(07/27)
  5. ■コロナメモ:政府は覚悟を決め、魔の手が忍び寄る・2(07/13)
次のページ
次のページ
人気ブログランキングへ