fc2ブログ

タイトル画像

■長男:日本史ことはじめ

2022.09.22(18:06) 1354

長女の中学受験の経験上、社会の先取りに意味がないと知りました。小3、小4のSAPIXの授業で習ったことですら、どうせ小5、小6で1から詰め込み直すわけですし、かつ質・量とも比較にならないくらい増えるわけですし。

とはいえ、娘が社会でさほど(?)苦労しなかったのは、持ち前の記憶力の良さもあったでしょうが、幼少期から地理や歴史に興味を持っていたからだとも思います。その結果、SAPIX高学年の社会の勉強が苦痛ではなかったのではないか。

年少さんにして誕生日に地球儀を欲しがり、日本の歴史マンガを読みふけり、子どもとはこういうものに自然と興味を持つ生き物なのだなあと感心していたものです。

しかるに。

長男はそちら方面に一切の興味を示しませんでした。もっとも、親の方も「そのうち勝手に興味を持つようになるじゃろう」と思って特に働きかけることなく過ごしてきました。その結果、全く興味を持たずに今に至ります。

転居して、壁紙の材質の問題で、地図や年表のようなポスター系教材が全く貼れなくなったのも悪かったかも知れません。

日本の歴史マンガはすぐ手の届くところにありますが、『ドラえもん』を読み始めた程度のマンガ初心者である彼にはハードルが高すぎます。歴史図鑑も複数ありますが、生き物図鑑を眺めるのが何よりも好きな彼にとって、手に取ろうと思うわけもなく。

つまり、このまま放置すると、彼はこのまま小5の受験社会の荒波に呑まれる恐れがあるのです。

というのは冗談ですが、やはり親が何も働きかけないのはもったいないかなと思いまして、夜な夜な歴史図鑑や歴史漫画を開いては、彼に日本史のごく簡単なあらましを教え始めました。

自分とは何か、自分のルーツとは何か、なんてまだまだ思いもしないお年頃かも知れませんが、これを機に彼の世界観に何か残るものがあればいいなと思います。

テキストは小学館の『キッズぺディア歴史館』と、学研マンガの『日本の歴史』、そして三省堂の国語辞典です。

大和撫子養成所【父塾】


長男 1年生 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長男:公文再開!

2022.09.17(19:02) 1351

先日の記事の続きです。

長男の計算力強化(及び、単純なトレーニングの場)を期待して、一度は退会した公文を再開することにしました。

一応四則演算は終えているので、これが中学受験を知る前のボクなら中学分野への移行とか、高進度のトロフィーとかを目指したくなったでしょうけれど、今のボクの考えは違います。とにかくシンプルな小学算数の計算ドリルを、自宅でやりたがらない長男にある種の緊張感を与えてこなさせるという明確な目的があるからです。

その辺りの事情を公文の先生はよく理解して下さったようで、それならば徹底的に利用してしまおうという魂胆です。

目論見通り、長男の目付きは変わりました。再開してから一日20枚を、時計を気にしながら猛然と解いています。これだけでもう十分に元が取れた、てなもんです。

ついでに国語も再開しました。長女と異なり児童書を読みたがらない図鑑少年に、公文お得意の参考図書から少しずつ出題されるスタイルは、意外と長男向きなんじゃないかと考えたからです。ま、これは様子見ながら。

公文をさほど評価しない、というか、公文をむやみに持ち上げる風潮にはかねて異を唱えてきたボクですが、公文のメリットデメリットを飲み込んだ上で利用しちゃろうというのは我ながら面白いことだと思います。

大和撫子養成所【父塾】


長男 1年生 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長男:公文再開か

2022.09.13(07:04) 1349

気が付けば長男のお友達は軒並み何らかの学習塾に通っていて、今や長男が一番暇そう…。

妻が浜学園とかSAPIXとかの通塾を希望していたこともありましたが、その都度いろいろ相談して「まだ必要ないよねー」っていう結論になりました。

そんな長男を、ここに来て再び公文に通わせようかと考えています。

長男は2021年6月頃、D教材の修了をもって公文算数を止めました。そのときの記事はこれです。その後、四則演算はもちろん全ての小学算数の基礎は自宅で教えました。

長女のときは、彼女は集中力があって、計算ドリルは好きじゃなくても決めた範囲を黙々とこなすタイプで、そのお陰か計算力は抜群に高い子でした。

ところが長男は違いました。計算ドリルが大嫌いなのは姉と同じですが、一問解いては指をいじり、一問解いては「喉がかわいたー」、一問解いては妹と遊び始め…。そんなだから当然計算ミスも多く。

計算ドリルは漢字等とともに妻の監督で、ハイレベだのトップクラスだのの問題集はボクの管轄なのですが、妻の気力が日々消耗されていきました。「父ちゃんと違い、母ちゃんは甘い」と見抜かれているのでしょう。

かといって、ボクが日々の計算ドリルを監督する時間までは保証出来ません。

そこで、公文を再開してはどうかと提案してみました。

中学数学に進むのではなく、各計算の基礎を解くのでもなく、それなりに面倒な範囲を反復させて、日々の計算トレーニングの代わりにする。そんな要望に応えてくれるのであれば、もう一度公文に行かせてみたら?と。

一方で、小1の今、SAPIXや浜学園に通わせるつもりはやはりありません。早くても小3くらいからでいいんじゃないでしょうか。

ということで、懐かしの公文に早速電話!です。

いや、しかし、情けないのう。

大和撫子養成所【父塾】


長男 1年生 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長男:算数の基礎トレーニング

2022.09.05(06:47) 1348

夏休みはとっても充実していた分、お勉強、特に父ちゃん塾の方は疎かになっていたことは否めません。ほとんどが妻との四則演算や漢字、音読くらいで終始しました。

…それにしても、受験生のいない生活って本当にいいものですね!(笑)
この生活がしばらく続くと思うとワクワクしてきます。夢のアフリカ旅行(最低一ヶ月)も行けるんじゃないか。

まあそれはともかく、新学期が始まりまして、父ちゃん塾の算数も再開です。

『ハイクラスドリル四年』や『トップクラス徹底理解編三年』が尻切れトンボでしたが、その前に、『ハイレベ三年』で肩慣らしをしましょう。

このブログで繰り返し書いてきましたが、この『ハイレベ三年』は低学年までの日々のトレーニングとしてなかなか優れた教材です。単純な計算や文章題が多く、特殊算の導入も出来て、幅広いジャンルから"難しすぎない"問題を適度な密度で出題してくれて。

長女のときは最終的に約半年間で六冊反復しましたが、最後の方はなかなか小気味良いスピードでサクサク片付けていて、算数力の底上げが手に取るように分かりましたっけ。

長男はこれで四冊目。一冊目は2021年4月開始なので、足掛け一年半ですか。

え、てことは、年中の次女がそろそろ『ハイレベ三年』をやり始めるってこと?いやいやいや、無理です無理。

そう考えると長男はだいぶ早熟でしたね。次女はのんびりおっとり、足し算を勉強中です。

大和撫子養成所【父塾】


長男 1年生 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■国立科学博物館

2022.08.29(07:04) 1347

昨日は久しぶりに国立科学博物館へ。
家族みんなで行きたかったのですが、長女はお友達と勉強会するといって別行動。

特別展は『化石ハンター展』、ゴビ砂漠で多大な功績を残したアンドリュース博士の紹介と、極寒気候に適応した哺乳類の誕生の候補地としてチベット高原の可能性を挙げ、チベットケサイの復元模型が目玉。

でも、我が家の来館目的はもう一つあって、それは館内の売り場で長男の誕生日プレゼントを購入することでした。

誕生日から何ヵ月も経つのに未だにプレゼントを買い与えていなかったのですが、彼がかねて希望していたのが科学博物館内で売られている恐竜の置物。「居間に飾っても恥ずかしくない、ちゃんとしたのが欲しい」。そんなことを言えば父ちゃんの財布の紐も緩むだろうと彼が考えたかどうかは分かりません。

置物といってもピンからキリまでありますので、その中間くらいのにさせてもらいましたが、大変喜んでくれたようです。

次女は孔雀石の欠片を希望。水晶とか黄鉄鉱とかの方が綺麗じゃない?と訊いたら、「この綺麗さが分からないの?」と呆れられました。うーん、渋い。

ボクはといえば、久しぶりに少年の心が蘇り、モササウルスの歯だの三葉虫だの虫入り琥珀だのをいくつも買ってしまい妻を呆れさせましたけど。

疲れたけれど充実した一日になりました。

大和撫子養成所【父塾】


長男 1年生 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
長男 1年生
  1. ■長男:日本史ことはじめ(09/22)
  2. ■長男:公文再開!(09/17)
  3. ■長男:公文再開か(09/13)
  4. ■長男:算数の基礎トレーニング(09/05)
  5. ■国立科学博物館(08/29)
次のページ
次のページ
人気ブログランキングへ