fc2ブログ

タイトル画像

■長男:小1 「公文」から「図形の極」へ 

2023.01.14(15:30) 1383

我が家が公文を取り入れたのは「たかが四則演算のために親が時間を割きたくない」という思いがあったからです。

どうせ教えるのならばもっとこう、対話と思考が必要な時間を共に過ごしたいわけで。

そういう意味で、公文は実にありがたい存在でした。決まった教材を淡々とこなすだけの教室に月々7000円以上も支払う価値はあったと思います。

*

長男に算数を教えるのがボクの務め。でも(意外とこう見えて)忙しい身。
計算の次にアウトソーシングしたいのが図形なんですよね。

サイコロを転がしたり展開図を組み立てたり、そういう「頭の中でのイメージ、シミュレーション」は、子どもは思った以上に苦戦することがあります。我が家では、そのような問題は実際に紙を切り貼りして、つまり立方体なり円錐なりを実際に作らせることでイメージさせています。これはこれで有意義な時間だと思っています。

が、いかんせん時間がかかる。ハサミとセロテープとノリで、えっちらおっちら図形を組み立てていくわけですから。図工教室のような有り様になることも。。。

そこで(妻が)目を付けたのが、『図形の極』ってわけです。

*

■気に入った点
・無学年制の昇級性
・タブレット教材を併用して、図形アニメーションを学習に取り組める
・公文算数と大差ない金額
・体験版テキストが充実

20230114145422e87.jpg

20230114145443ec7.jpg 202301141454583fb.jpg 202301141455174d9.jpg

体験版では7級までの問題が抜粋されています。正直なところ、長男にはどれも簡単なのですが、その先に進めるのなら問題ありません。

で、媒体は市進学院を考えています(そこで体験してきました)。

同じ教材システムを使う、より学費の安い教室やオンライン授業をうたう業者もありますが、個人的には「お教室」で他の子どもと一緒の時間を過ごさせることに魅力を感じます。塾に通ってみたいという彼に、ささやかな満足感も与えられるでしょう。

女性の先生が優しかった!と嬉しそうに話していましたが、きっと学生さんのバイトなんでしょうね。

大和撫子養成所【父塾】


長男 小1 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長男:小1 地理といえば…

2023.01.13(14:00) 1382

コロナ禍の前年である2019年。
長女の受験勉強本格化を前にして、あちらこちらを旅行しました。その年末には新型ウイルスが広がり始めていたわけで、実にいいタイミングだったと言えるでしょう。

佐渡島を何日もかけて一周したり、お伊勢参りの後に英虞湾で真珠をほじくったり、仁淀川や四万十川で泳いだり、富士五湖を巡ってサファリしてみたり、南伊豆や慶良間、南西諸島で潜ったり、森吉山に登ったり。あちこちの花火大会にも家族で行きました。

そんな甲斐もあってか長女は地理が得意でしたが、弟君はどうでしょう。しゃべる地球儀で遊んだり、昆虫や動物の図鑑で地図に接していることもあり、興味がないわけではないようです。家族で旅行した場所をしばしば地図で確認している姿も目にします。

ちなみに、彼の愛用している地図帳はこれ。

まあ地図帳ならどこの出版社のだっていいと思いますけど、彼にとっては姉の使い古したアトラスのお下がりなんかまっぴらごめん、マイ地図帳を持っていることに意味があるのです。

この手の地図帳を居間や食卓のすぐ手に届く範囲に置いて、少なくとも1日1回は何らかの理由をつけてページをめくらせる習慣は大切だと思います。図鑑や辞書もそうですね。

そんな彼が妻に珍しくおねだりしたのがこれ。


しまいには型枠を使わず、何も見ずに出来るようになったといって嬉しそうに写真を送ってきました。
20230113135611928.jpg

こんな感じで楽しく地理の下地が身につくといいですね。何にも焦る必要はないんですけど、本人がやりたがればいくらでも与えます。

大和撫子養成所【父塾】


長男 小1 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長男:小1 公文の代わりはこのドリル

2023.01.07(15:00) 1378

前回の記事の続きです。

仮に妻の希望通りになりますと、「大手塾」と「図形の極み」、そして「理科の実験教室」という三つのお勉強系習い事を続けることになります。それ以外にも料理教室だの空手だのスイミングだのピアノだの、お前は意識高い系の独身OLかっ!と突っ込みたくなるような多忙っぷり。

実は料理教室と空手は事情により退会することになりましたが、その代わりにスイミングの回数を大幅に増やしたことで忙しさにかわりありません。

どう考えても、何度考えても、いま塾に通わなければならない絶対的な理由はないって。家で勉強できているし、僕も教え続けるし。

そういう話し合いを経て、「大手塾」の体験受講は取りやめ、「公文」は退会決定、「図形の極み」はとりあえず体験してみる、となりました。ああ良かった。

公文算数の代わりはこのドリルを使います。何冊も繰り返す方針。



公文国語の代わりは妻が以下の教材を進めてくれます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハイレベ100小学2年国語
価格:880円(税込、送料無料) (2023/1/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はなまるリトル 2年生 国語
価格:1650円(税込、送料別) (2023/1/7時点)




『はなまるリトル』は長女の時も気になって少し触ったことがありますが、再び気になったので小三の算数を買ってみました。長男にはほとんど簡単ですが、一部初見といいますか、解き方がさっぱり分からないと訴える問題もありまして、せっかくなので全部通してやってみようと思います。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はなまるリトル3年生算数 [ 四谷大塚知能教育研究所 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2023/1/7時点)




大和撫子養成所【父塾】


長男 小1 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長男:1年 『公文』から『図形の極み』へ…?

2023.01.03(12:50) 1377

以前の記事の続きです。

やっぱり、公文はやめることになりそうです。FからGへいくメリットが見えません。本当に中学数学を学びたいという熱意があるのならボクが市販の教材で教えますし、そもそも公文に期待したのは四則演算の強化ですが、中学受験的な複雑な計算は公文にはありません。

公文国語(こちらはD)はどうかと言いますと、元々算数のついでで再開したもので、悪くはないでしょうけど、母ちゃん塾でハイレベ国語などを続けていくならそんなに必要も感じません。

一方、塾に通いたいと何度も言いますので、手近なところで早稲アカあたりを体験受講させてみます。長女は三年のときに某塾を体験受講したら、退屈で眠くて仕方なかったと話していました。実際「寝ちゃった」とも話していました。彼も塾を何かスペシャルな楽しい空間だと夢想しているだけかも知れませんから、まずは体験です。



玉井式『図形の極み』、というのを寡聞にして初めて知りました。教えてくれたのは妻です。長女の中学のママ友さんから強く勧められたそうです(ママさんネットワークは開設が速い!)。

図形に特化した無学年性の昇級システムで、紙とデジタル教材を併用、複数の塾が教室を開いているようで。

私の食費を削ってでも通わせたい。食いしん坊な妻がそこまで言うなら動かないわけにはいきません。

自宅近くに塾があるようなので、そちらも近日体験受講してくるそうです。学費は公文より安い、のかな、

はあ…でもさ、本当にそんなにやる必要あるの?今まで通り父ちゃん塾でよくない?長女なんてこの時期ろくに勉強してなかったよ?

という思いはグッと呑み込みます。それが夫婦円満のためならば。

大和撫子養成所【父塾】


長男 小1 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長男:スタディルーム解禁

2022.12.27(13:33) 1373

居住するマンションの共用スペースのひとつに、スタディルームがあります。

塾の自習室のような「ついたて付き」の学習机もあれば、広々としたテーブルやソファもあります。

様々な書籍も置いてあって、ちょっとした図書室です。子ども用だと図鑑だの「残念な生き物」シリーズだのが自由に読めます。ドリップコーヒーの販売もあるので毎日でも入り浸りたいところですが、惜しむらくは夜22時には閉鎖されてしまうこと。

そのスタディルームへ一人で行くことを長男に許可しました。目的は公文です。

妹と一緒だとどうしても集中が途切れてしまう「自分に甘い」彼にとって、ついたての付いた机でガーッと集中し、さっさと日々のノルマを終わらせてしまえる効率の良さには彼も気に入ったようで、毎日率先して出掛けていき、さっと帰ってきます。

意外と利用者が少なくて、いつでも静かなのがいいですね。

大和撫子養成所【父塾】


長男 小1 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
長男 小1
  1. ■長男:小1 「公文」から「図形の極」へ (01/14)
  2. ■長男:小1 地理といえば…(01/13)
  3. ■長男:小1 公文の代わりはこのドリル(01/07)
  4. ■長男:1年 『公文』から『図形の極み』へ…?(01/03)
  5. ■長男:スタディルーム解禁(12/27)
次のページ
次のページ
人気ブログランキングへ