fc2ブログ

タイトル画像

■長女:アルバイトに精を出す

2022.06.23(08:18) 1342

長女は昔から台所仕事に興味があって、いろいろお手伝いしたがる子でしたが、受験勉強で忙しいこの一、二年はすっかりご無沙汰になっていました。

それが、中学生になって再びお料理をするように。しかもアルバイトとして。

お料理といってもごく簡単なものです。けんちん汁とかスクランブルエッグとか。

で、『みんなが喜ぶもの』を作ってくれたら200円~300円の手間賃を払う、という取り決めを妻と交わしていました。ちょっと金額が大きい気もしますが、弟妹の世話に明け暮れる妻としてみたら大助かりとのこと。

卵焼きが200円でカレーが300円というのはちょっと料金設定を間違っている気がしないでもないのですが、本人がそれで納得しているならいいか…。

けんちん汁も、出汁をとらないので実にあっさりとした、いかにも初心者の作った料理ですが、娘が作ってくれたのなら文句なく頂きます、ハイ。

大和撫子養成所【父塾】


長女 中1 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長女:小説と漫画

2022.05.17(14:18) 1328

自宅に近い中学に進学して俄然増えた『自分の時間』。小学校のときとほとんど同じ時刻に家を出れば間に合う長女の場合、その余暇で読書を楽しんでいるようです。放課後は図書室に寄って、読書好きの友人とあれこれ借りて帰るのが日課だそう。

読書の記録をEvernoteにつけるようアドバイスしてからは振り返りも容易で、この三ヶ月で小説を平均1.5冊/日のペースで読んでいるそうです。そして、それを上回るペースで読み耽っているのが漫画(笑)。

妻は相変わらず良い顔をしませんが、「ちょっと読みすぎじゃない?」なんて口にしようものなら娘の反抗期スイッチが激しくオンになるので黙認してくれています。ボクはというと、「お、あれ読んだの?どうだった?」「じゃあ次はこれ読んでみる?」と煽る始末ですから、妻はますますイライラと。父と娘の間に反抗期はありません。

萩尾望都、浦沢直樹、山岸凉子あたりですね、いま彼女が読んでいるのは。なかなか渋いチョイスです。親父のせいですけど。

大和撫子養成所【父塾】


長女 中1 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長女:お小遣いとアルバイト

2022.05.12(08:25) 1326

中学生活を満喫している長女。中学のクラスメイトらと早くもお互いの家を行き来したりして、実に楽しそうです。

問題は、遊びのたびにお金をちょうだいと言われ、その都度、ボクからみると中学生には少なからぬ金額を手渡している妻。

我が家にお小遣い制はなく、必要なときに必要なものを買うという方針で来ました。なので、その延長として毎週お金を渡しているだけなのですが、ディズニーだの遊園地だの、このペースで子どもにお金を与え続けるのは流石におかしいのではないか…?いやしかし、私立中の交遊ってこういうものなのかな?そもそも都内の中学生活ってこうなのかな?自分の感覚が貧乏性なだけかな?それとも時代遅れ?

いろいろ考えましたが、やっぱり、お金の有り難みを知らないうちに、お金がないことの悲しみを知らないうちに、いくら友達に誘われたからといって無制限にお金を持って出掛けていくのは我が家のポリシーに反するのです。

白いまんまに手を合わせ、父ちゃん母ちゃん頂きますと、涙流して食べたことない、そんなあんたに何が分かる!てなもんです(古いな)。

そこでお小遣い制を導入しました。毎月3000円。
「えー、全然足りないんだけど!」

そうかも知れません。そこで、家庭内アルバイト制です。

お手伝いの内容によってお駄賃を出す。お買い物でもいいしUber Eatsモドキでもいい。弟妹に勉強を教えるのでもいい。お米を研いだりお風呂を洗ったり、今まで無報酬だった労働に給金を出そうじゃないか。

しかし、個別の報酬について交渉の余地はない。安すぎる!と文句を言うのならば、今まで通り、家族の一員として、タダで働いて頂きましょう。

ちなみに、お風呂掃除が50円です。わはは、労働の尊さを知るがいい。

大和撫子養成所【父塾】


長女 中1 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
長女 中1
  1. ■長女:アルバイトに精を出す(06/23)
  2. ■長女:小説と漫画(05/17)
  3. ■長女:お小遣いとアルバイト(05/12)
人気ブログランキングへ