FC2ブログ

タイトル画像

■サピックスオープン

2021.04.28(17:56) 1258

家族一同、新年度の生活にも慣れてきました。先日、妻が怪我をして、しばらくは歩くのも困難というハプニングもありましたが…妻の健康こそが我が家の生命線であると改めて痛感しましたねえ。

次女は幼稚園に行けない(妻が歩けないから)のを泣いて悲しむほど幼稚園好きになりました。お弁当も始まり、他の子よりも一回り大きなお弁当箱なのに「足りない!」と訴える大食漢、紛れもない我が家の血筋。なお、長男のお弁当箱は既に成人男性のサイズです。

長女の方はサピックスオープンの結果が出ましたね。偏差値や志望校判定そのものは本人が喜んでいるので何も言うまい(つまり言いたいことはある)と思いつつ、答案の中身がちょっとよろしくない。

最近、第一問の小問一が不正解という、まあ「あるある」なミスが全科目で目立ちます。落ち着けと。手堅く行こうぜと。

答案欄の消し忘れ(消しかたが雑)によると思われる不正解扱いもいくつかあります。落ち着けと。

正答率が50%を越えるような問題を間違えて平然としているようではいかん。

最近、彼女に気合いが入ってきたのは感じていましたが、空回りしてはいけません。今出来ることをきっちりと、確実に、少しずつ。



大和撫子養成所【父塾】


小6 塾 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長女:復習テスト壊滅…弐

2021.04.01(08:19) 1254

実力テストである組分けと、日々の確認テストであるマンスリーや復習テストとでは、重要度が異なります。

ボクは圧倒的に後者が大事だと考えます。

予備校の教壇に立っていたころ、復習の大切さを常々訴えてきましたが、復習が肝であることなんて幼い時分から叩き込まれていたはずの俊英達の中に、いまいち分かっていない連中が混じっていたものです。

そこで、こんな遊びをしたことがあります。

ある日のテストで、いつもより難度や量を高めて出題しました。終了後、生徒達からは「難しすぎます!」と泣き言が聞かれましたが、「よーく復習しておくように」と答えました。

その翌週、「今日は抜き打ちテストだぞー」と告げて、問題用紙を配りますと、「先生!間違ってます!先週の問題配ってますよ!」と手を挙げる生徒君。「ん?間違ってないけど?」と答えたときの、生徒達の表情といったら。しまったー!と頭を抱える者、ニヤリとボクに視線を送る者…。

これは有効でしたねえ。その後、ボクは二度とそんな再テストをしませんでしたけど、彼らの頭には本当の復習とは何ががしっかり刻み込まれたようでした。



娘と話をしていて、このことを思い出しました。

ボクは復習の大切さとそのやり方を丁寧に教えてきたつもりですが、いつの間にか彼女の我流に変わり、そして回を重ねるごとに質が落ちていたのだということが分かりました。

結局、

『解けなかった問題を解けるようになることが復習』であって、ただ授業のノートやテキストを読み返すことを復習と言ってはならない

ということです。

ボクと娘のルールで、問題を解いたときには以下のような記号をメモしてきました。

「OK」…出来る。復習は不要。
「check」「again」…要復習。
「再」…いずれ再挑戦。

漢字テストや言葉ナビや基礎トレや予習シリーズや、それこそ二年生の頃の「ハイレベ3年」の頃からずっと習慣にしてきたものです。

それなのに、今の彼女のテキストにそんな記号は見当たりません。

「復習してるの…?」
「してる」
「どうやって…?」
「ぜんぶ」

彼女が机に向かっているのは、何度も言いますが、真実です。彼女の机はリビングから丸見えですし(子供部屋の扉は撤去しています)、今もダイニングテーブルで勉強することが多いですし。

ただ、そのやり方が下手なんですね。

何に集中的に取り組むべきか。
何を解けるようになることに重きをおくか。

学習というのは効率と合理性が非常にモノをいう世界ですのに、彼女のテキストや問題集はその合理化がなされていない。間違った問題も解けた問題も、同じ比重で扱われている。

続きます。


大和撫子養成所【父塾】


小6 塾 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長女:復習テスト壊滅…

2021.03.31(18:17) 1253

「復習テストでよかったー!」

というメールを受信したときから、嫌な予感はしていました。「父ちゃん今夜帰れないから、自己採点しておいてね」「えー今日?明日じゃだめ?」「今日です」「オッケー」のようなやり取りをして、一時間後…。

「ごめんなさい」

という、珍しく絵文字のないメッセージが。なんと背筋の凍る文面でしょう。

彼女の名誉のためここには書きませんが、結果は未だ嘗て見たことのない惨憺たるものでした。いや本当に、復習テストでよかった、いや、親がそれを言っちゃおしまいか、しかしこれは余りにも……。

マンション探しに現を抜かした両親が、春休みで自宅時間が増えた弟妹の家庭学習に熱を入れる一方、肝心の長女の学習状況に配慮が足りなかったという謗りは免れないでしょう。口先では「復習テストこそ頑張りたまえよ」などと言いつつ、「復習テストだし」とどこか気が抜けていたことは否めません。

でも、長女は決して手を抜いていたわけではない。机にしっかり向かっていて、しかも漫画だの小説だのは自ら封印したままなのをボクは知っています。

あ、こりゃ、勉強の仕方、姿勢をもう一度確認しないといけないタイミングだな、と思いまして、長女と長めの反省会を開催しました。

続きます。

大和撫子養成所【父塾】


小6 塾 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長女:組分けテストとSAPIX

2021.03.11(21:13) 1243

お疲れ様でした。

詳細は書きませんが、とにかくホッとした結果になりました。とにかくつまらないミスがなくなりませんからね、うちの娘っこは…。いやほんと、小3から進歩なしです。

SAPIXといえば、最近相次いで各科目の先生方と電話させて頂きました。六年生になり、周囲の学習熱が高まるにあたり、我が家と我が娘がどのようにのぞむべきか。こちらの些末な質問にも真摯に答えて頂きました。

SAPIXが冷たい塾?とんでもない。よくもこれだけ娘を見てくださっているなあと頭が下がりましたよ。

そして、それだけ自分を見ていてくれていると知った娘も大変喜んでいました。ちょっと目付きが変わりましたしね、やる気というか、気合いというか。

ということで、引き続き頑張っていきましょう。

大和撫子養成所【父塾】


小6 塾 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■5年12月マンスリー

2020.12.28(08:38) 1218

算国、特に国語は今までにない好成績でしたが、理科と社会がややコケた、といった形でした。特に得意科目と信じていた理科はこの一年で一番冴えない成績です。

解き直しや復習を終えて娘が言うことには、

「やっぱり、父ちゃんとの勉強が要る」

そうか。この1ヶ月はボクも忙しく、完全にノータッチでしたが、ボクの急所を突くような口頭試問を交えたテキストの読み合わせくらいはしてあげても良かったな…。

幸い他の科目がカバーしてくれたので気が楽ではありますが、今までコンスタントに安定していた理科にまさか足を引っ張られる形になるとは思いもしませんでした。

いやいや、実は父ちゃん嬉しいのであります。そうかそうか、父ちゃんとの勉強が必要か。

よしよし、この年末年始はしっかり休みを取れたから、じっくり向き合おうではないか。

いま一番力を注いでいる国語で好成績だったのも父ちゃん嬉しいです。

大和撫子養成所【父塾】


小5 塾 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
塾について
  1. ■サピックスオープン(04/28)
  2. ■長女:復習テスト壊滅…弐(04/01)
  3. ■長女:復習テスト壊滅…(03/31)
  4. ■長女:組分けテストとSAPIX(03/11)
  5. ■5年12月マンスリー(12/28)
次のページ
次のページ
人気ブログランキングへ