FC2ブログ

タイトル画像

■11月28日 コーヒー転向

2018.11.28(23:43) 560

食後は緑茶ですか、コーヒーですか。

田舎がお茶の名産地ということで、日本茶の消費量が半端ない我が家。

田舎の言葉で『ちゃっくらい』と言われて育ちました。漢字は多分「茶喰らい」と書いて、お茶ばかり飲む人間という意味でしょう。

ところが、最近はコーヒーの美味しさに目覚めました。朝に晩にハンドドリップ。自分で淹れればTULLY'Sやドトールで買うのがバカバカしいほど安くあがりますので、ちょいと高級な豆にだって抵抗なく手が伸びます。

問題は、ようやく馴れてきたとはいえ、やはり夜の眠りが浅くなったことですね…。コーヒー効くなあ。

残念ながらヒラメちゃんは緑茶が飲めません。コーヒーはいけるくちです。

■算数
ウイニングステップ4年 3ページ
トップクラス3年 解き直し

■国語
トップクラス4年 4ページ

励みになります、応援クリックお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大和撫子養成所【父塾】


小3 11月 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■検食

2018.11.28(20:28) 558

『検食』という言葉、ご存知ですか。

病院で入院患者に提供する食事は全て医師(または施設管理者)が実食し、味や硬さ、匂いに異常がないかチェックする義務があります。

泊まり込みの勤務の多いボクはこの検食の機会が大変多い。毎月20食以上を検食していることになります。

そうです、家計が助かるんです。大食いのボクの食事の2割が『食べる仕事』として提供されるのですから。

そして栄養バランス。入院患者用のご飯ですから、本来のボクなら決してチョイスしないようなメニューです。薄味の野菜炒め、薄味のけんちん汁、見たこともない魚の塩焼き、油を使わないで揚げた(?)鶏のからあげ、塩揉み野菜や酢の物。どれも少量ずつで腹八分目。いや、腹五分目。うーん、健康に良さそう。

残念なのは『たいていの病院の食事は美味しくない』ってことです。無料だから文句は言いたくありませんが、これを毎日食べさせられる患者の身にもなってみろよと。

とはいえ、検食の所見を記す所見簿に怒りに任せて文句を書くと責任重大。管理栄養士さんはそれをフィードバックしないといけないのです。(よくぞ文句を書いて下さった!とお礼を言ってくれる栄養士さんもいます。栄養士さんは患者に美味しいと言ってもらいたいに決まってますからね。でも食材のレベルを彼ひとりが決められるわけではないのです)

某病院の検食で、とんでもない白米を食べさせられたことがありました。古米も古米、何だか匂うし芯がある。喉ごしが不快この上ない。怒りに任せて『こんなに不味いご飯を食べたのは生まれて初めてです』と書いたら、次から一気に美味しくなりました。裏でどのようなやり取りがあったかは謎ですが、ボクはその病院を利用するたくさんの患者さんに感謝されて然るべき善行を積んだようです。

励みになります、応援クリックお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■11月に購入した児童書

2018.11.28(08:51) 559

月末なので、Amazonの購入履歴を見てみたら…なんと1冊のみでした。

ボクの記憶が正しければAmazon以外でも購入していないはずです。

『科学のなぜ?新辞典』受験研究社

これだけ。(この本は素晴らしいです。ボクの子どもの頃にこんな本があったらなあ)

児童書を買わなかった理由。
娘はいま重松清を読んでいるのです。先月大量に買ったもので、なかなか読み応えがありそう。どうやら二度読みもしている模様。

ちらちら見ていますとずいぶん前に読んだ本を引っ張り出して読み返してもいます。

これは嬉しいです。『本は繰り返し読まないと血肉にならない』がボクの持論。それが良書であれば尚更です。

ずいぶん前に娘が同じ本を読み返そうとしないことが不満であると書いたと思いますが、よかったよかった。

ちなみに『ブッダ』と『ブラックジャック』も繰り返し読んでいて、先日は妻に手塚治虫記念館に行きたいと訴えていたとか。ざーんねん、宝塚はちょっと遠いなー。


励みになります、応援クリックお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大和撫子養成所【父塾】


購入した児童書 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■11月27日 塗り絵に夢中

2018.11.27(20:35) 557

昨夜はボクにも叱られるんじゃないかとビクビクしていた娘ですが、今日も下校直後に遊びに行きました。事故にだけは注意してよ…ホント。(^^;

長男の小鉄は今日もお祖母ちゃんがディズニーランドに連れ出してくれて、彼がいないといかに我が家が静かで平和か思い知らされます。毎日連れてってくれないかな。(笑)

その小鉄、最近のブームは塗り絵。

201811272033556fb.jpg


塗り方なんか誰も教えませんが、パンダにしても象にしても、非常にカラフルで前衛的。こんな柄のTシャツがあったら欲しいくらい。

■算数
ウイニングステップ4年 3ページ
トップクラス3年 解き直し

■国語
トップクラス4年 解き直し

■その他
基本セット

励みになります、応援クリックお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

大和撫子養成所【父塾】


小3 11月 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■ インフルエンザのTips(4)

2018.11.27(15:30) 555

今回はインフルエンザの予防について。

(1)ワクチン
現時点で最も効果の高い予防法はワクチンです。ワクチンを国家的詐欺であるかのように非難するエセ科学を信じる人々もいますが、(日本のワクチンは期待通りとはいえないものの)効果は確かにあります。まあ、今後の改良に期待したいですね。

(2)マスク
日本人はマスクが大好きで、国民習慣と言っていいほど広く使用されていますが、明確なインフルエンザ予防効果が証明されているとはいえず、それがエビデンス(科学的な信頼性)を重視する欧米で流行らない理由といわれます。

とはいえ予防効果があるとする報告も多く、『適切な使い方をすれば』意味があると思っています。

適切な使い方とは『清潔な使い捨てマスクを清潔なまま正しく使う』に尽きます。

ボクは外来で発熱患者さんと接するときは1人ずつマスクを換えています。

(3)手洗い
鼻や口元をいじるくせのある人はインフルエンザに感染しやすいと言われます。物理的にウイルスを洗い流すのは当然効果的です。

(4)換気
締め切った屋内では感染率が高まると報告されています。極端な例では、野外の野戦病院の方が明らかにインフルエンザの流行が少なかったとか。

なお、空気の乾燥でインフルエンザに感染しやすくなると言われてきましたが、それとは逆の報告もあります。とはいえ空気が乾燥すると気道粘膜が傷んでインフルエンザのみならずいろんな風邪ウイルスやバクテリアに利することになりますから、加湿器は大賛成です。

加湿器は千差万別ありますが、加湿能力の高いものじゃないとただのインテリアです。もちろん清潔を心掛けないといけません。カビやレジオネラなんかが繁殖したら目も当てられません。

(5)免疫強化
患者さんに訊かれて一番答えに窮するのが食品について。お婆ちゃん達は医者も健康番組を観てると思っているのか、よく話を振られます。

「昨日のガッテンで紹介されてた◯◯油、本当に健康にいいのかい?」
「△△のヨーグルトを食べるとインフルエンザになりにくいってホントかい?」

知りませんってば!(^^;

「え!?先生観てないのかい?」

観てません!

一般論として、栄養不足や疲労、運動不足は免疫力を低下させます。これを機会に食事や睡眠を見直すのは悪いことではないでしょう。

(6)人を避ける
無駄に人混みへ行くのはリスキーです。劇場やタクシーの利用頻度が高いほどインフルエンザにかかりやすいという報告もあります。

インフルエンザは飛沫感染ですが、咳やくしゃみではない、普通に吐く息の中にもインフルエンザが飛んでいるそうです。咳がないからといってマスクをしてくれない患者も論外ですし、熱が下がったばかりの(本人はもう治ったと思っている)人の息にもしばらくはウイルスが飛んでいると思った方がいいです。

公共施設の物品の表面にもウイルスはいます。手すりやテーブルなどですな。

(7)抗インフルエンザ薬の予防内服
これが実に賛否両論です。いや、医師に限れば否定的意見の方が多いと思われます。長くなったのでページを改めて続けます。

励みになります、応援クリックお願い致します。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
2018年11月
  1. ■11月28日 コーヒー転向(11/28)
  2. ■検食(11/28)
  3. ■11月に購入した児童書(11/28)
  4. ■11月27日 塗り絵に夢中(11/27)
  5. ■ インフルエンザのTips(4)(11/27)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ