FC2ブログ

タイトル画像

■『マンデラの名もなき看守』

2020.01.24(10:09) 822

歴史の導入に漫画が有効であるように、世界見聞の手段のひとつとして映画の存在は無視できません。とりわけ幼い子どもへの影響力たるや。

さて、人種差別に対する猛烈な姿勢、特に国外におけるそれは日本人の想像を越えるところにあります。旅館のクチコミで「外国人客が少なくて良かったです」なんて、他の先進国では噴飯ものでしょう。

とにかく世界は変化しています。日本だけ時が止まっているかのように。

そこで、こんな映画を娘と観てみました。

『マンデラの名もなき看守』は2007年の映画です。もちろんマンデラとはアパルトヘイトと戦い、ついには南アフリカの大統領となったネルソン・マンデラのこと。彼と交流のあった看守の自伝をもとに制作されました。

マンデラが釈放されたのは1990年。ノーベル平和賞受賞が1993年。

って、つい最近なんですよね。娘からすれば父親が今の自分と同じような子どもだった頃の世界。

派手な演出はなく、南アフリカの町並みや監獄の雰囲気を舞台に淡々と進む物語ですが、脚本、演技力によって飽きることなく見終われます。もちろん、子どものトラウマになるほどのショッキングなシーンはありません。

どこまで理解出来てどこまで心に響いたかは分かりませんが、こういう映画を一緒に観られるようになったことがただ嬉しいですね。

ボクはこういう映画が好きなんですよ。ホラーばかり観ているわけじゃありません。(笑)

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■病気を治すのは医者じゃない

2020.01.23(10:19) 821

新型ウイルス肺炎。
SARS惨禍の再来になりそうですね(当時ボクは学生でした)。

ウイルス性の肺炎がとりわけ厄介なのは、抗菌薬が効かないからです。

SARSの場合、健康な若者は比較的軽症でしたが、中高年の死亡率は非常に高く、半数が死亡したという報告もあります。免疫力の低下(或いは喫煙期間の長短も)と直結しています。

そう、病気に対する最大の防御かつ攻撃力は自身の免疫力に他なりません。

癌だってそうです。

若い人が癌になりにくいのは、ピチピチの免疫力が日々発生する癌細胞をもぐら叩きのように叩き潰しているからです。

残念ながら新型ウイルスが日本でも発生する可能性は高いでしょう。

風邪気味であれば休む、むやみに人混みに行かない、手洗いマスクを徹底する、そして、最も重要なのは、栄養と休息をとり、適切な運動習慣を身に付け、自身の免疫力を高く維持するように生活を見直すことです。

繰り返しますが、病気を治すのは医者ではありません。あなたの免疫力、治癒力が主力です。

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■青葉繁れる

2020.01.22(20:03) 820

水木しげる御大で育ったと自認するボクは、滑稽で哀れな怪異の存在が妙に愛しいんですよ。

家鳴りの響く丑三つ時の病院で、一人で好きなだけほんのり怖い映画を楽しめるなんて、その手の好事家にはたまらないシチュエーションではないでしょうか。

あ、単に怖いのが好きなんじゃないですよ。ペーソス。そう、哀愁に満ちた恐怖がいいのです。スプラッタ系は全く観ません。リアリティを感じないので。

水木しげるの『河童の三平』に始まり井上ひさしの『新釈遠野物語』に至るまでと懇ろに寄り添い、家の周りは林や川や田んぼばかりの田舎で過ごしたボクの少年期は、いつも怪異と隣り合わせでした。

夜中の鶏って寝言を言うんですよ。ボソボソと、まるで人語のように。朝起きたら見たことのない獣が車にはねられていたり、掘っ建て小屋に仙人のような爺さんが住み着いていたり。野犬も多かった。どこの誰かも分からない子どもと遊ぶのも日常。

それに引き換え、娘の世界ときたらどうでしょうか。

幽霊や妖怪はとうに絶滅し(え、妖怪ウォッチ?何ですかそれは)、人面犬も口裂け女も既になく、街は煌々と眠らず、空を飛ぶのはカラスとスズメだけ、都市伝説の類いは人の世の負の側面ばかり。

いつか遠野に行きたいと願って来ましたが、今の娘を連れて行ってもいまいちピンとこないでしょう。

まさに、サンタクロースの存在は現代の奇跡、生きた化石と言って過言ではない。昭和は遠くなりにけり、です。

娘にこの世界観を伝達するにはどうしたらいいんでしょうね。

あ、そうそう。井上ひさしといえば『青葉繁れる』。これは定期的に読み返したくなりますね。中高生はもちろん中高生をもつお母様方には是非ともオススメしたい。…いや、やめておいた方がいいかな。青春小説の名作(迷作)です。

小学生にはとても見せられた代物ではありませんけどね。(笑)

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■公文と学研

2020.01.21(08:11) 819

長男が公文を体験するに先立って、公文の先生との面接がありました。特に問題もなく、このまま体験を経て正式に通うことになるでしょう。

うちの子は「難しい?」と訊くといつでもニコニコで「難しい!」と答え、「疲れた?」と訊くといつでも嬉しそうに「疲れた!」と答える甘えん坊なので、ネガティブなことは訊かないようにして下さいとお願いしたそうです。

四歳にして公文、空手、水泳、ピアノと大忙しですが、本当に忙しいのは本人よりも妻。なんせ二歳の次女を常に連れ回すのですから。

その次女も、春から学研教室に通うことにしたみたいです。

未就園児のプレ保育のようなものかな?詳細はよく分かりませんが、今更ながら妻のバイタリティには感心します。

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■月刊『Newsがわかる』

2020.01.19(20:44) 818

数学の試験監督する我の一部始終を見ている少女  俵万智

センター試験、お疲れ様でした。
試験監督で一番大切なのは当然「時間を守ること」ですが、実は「居眠りしないこと」の方が切実な問題です…。

*

新聞の購読を再開しようと考え、朝日新聞と読売新聞をお試し配達して頂きましたが、結論的には購読しないことにしました(販売店さんごめんなさい)。

その理由として、第一に薄いのです。内容的にも物理的にも。昔よりもずいぶん記事が減った一方、広告が目立ちます。それでいて値段は上がってますからね。内容半減、値段五割増し、ってところでしょうか。

第二に、若者向けの記事、企画が少ないこと。他にいくらでも情報源のある現代、それならば敢えて新聞に固執しなくていいんじゃないかという結論。

第三に、折り込みチラシが猛烈に邪魔。最近の我が家で流行しているフレーズが「グレタさんに叱られる」なのですが、これじゃあ彼女が憤死してしまいます。

ということで、別のニュース源を採用することにしました。
毎日新聞社から発行されている『月刊Newsがわかる』を購読し始めました。

60ページほどでフルカラー、世界のニュースの他に科学記事、職業のインタビュー、漫画もいくつか。これで年間12冊5400円は安いです。




大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2020年01月
  1. ■『マンデラの名もなき看守』(01/24)
  2. ■病気を治すのは医者じゃない(01/23)
  3. ■青葉繁れる(01/22)
  4. ■公文と学研(01/21)
  5. ■月刊『Newsがわかる』(01/19)
次のページ
次のページ