FC2ブログ

タイトル画像

■お絵かき

2020.02.17(10:46) 851

子どもは工作やお絵かきが好きですね。ほっておけば一日中ごそごそやってます。

二歳の次女は四歳の長男の見よう見まねでハサミも器用に使っています。上がいると刺激を受けますね。

15819033200.jpeg

長男が描いたボクだそうです。メガネの観察が甘いなー。

15819033010.jpeg

次女が描いたボク。髪の毛が良い味出してます。

大和撫子養成所【父塾】


長男について トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■美しいお辞儀

2020.02.17(08:03) 850

習い事のお迎えでごくたまに会う、娘のお友達のことです。

そのお嬢さんはボクに気が付くと両手を前に合わせて立ち止まり、楚楚とした、それはそれは美しいお辞儀をしてくれます。

これぞ女学生、これぞ大和撫子。

簡単なようで、なかなか難しい所作といえましょう。たった一瞬で人の心を掴むってすごいことです。

深く感銘を受けまして、妻に「ね、ね、あのお嬢さんはどうしてあんななの」「素敵でしょ?バレエが大好きなんだって」

な、なるほど。バレエか。

幼稚園のころ、娘が突然「バレエを習いたい」と言い出したことがあったっけ。特に検討することもなくスルーしたんだっけ。「一度は憧れるよねー」とかいって。惜しいことしたなあ。

次女にはやらせてみようかな。今のままだと空手一直線ですが、武道ではあのお辞儀にはなりませんよね。肩をいからせて拳を握り、「おしゅっ!」ですからね…(^^;

長女には、せめてお辞儀だけでも練習させましょう。それほど印象的なお辞儀でありました。

大和撫子養成所【父塾】


娘の生活 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■長男、ハイレベ1年2割

2020.02.16(17:01) 849

長男の算数は、①公文、②母ちゃん算数、③父ちゃん算数に分かれています。

母ちゃん算数は公文の応援のほか、『お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう (学研の頭脳開発)』やその他の知育パズルなんかを使った日々の演習。

父ちゃん算数は『ハイレベ1年』です。仕事の合間をぬって、週に三日程度でしょうか。一回に四ページずつ進めています。(父ちゃん塾は現在長女が最優先です)

足し算引き算や数の三分割(8は1と3と何?とか)は特に問題なく進むのですが、やはり、問題文を一人で読んで理解するのがなかなか難しい…。

「これはこういう意味なんだよ」などと彼の知っている表現に言い換えて教えればスムースなんですけど、こちらも欲が出て、算数よりむしろ読解力を鍛えたい…!と思ってしまいますから、安易に題意を噛み砕くのではなく、とりあえず「分かるまで何回も音読してみて」としてしまいます。それで自力で理解することもあれば、何度読んでも「???」なこともあり。

彼にとって、父ちゃん算数は読解力の鍛練になっています。

それにしても、だいぶ集中力がつきましたね。二ヶ月前とは別人です。

ダイニングテーブルで姉と向かい合っての学習ですから、集中しないわけがないんです。少しでもテーブルを揺らしたり意味のない声を出したりしようものなら、姉から鋭く注意が飛びますからね。(笑)


大和撫子養成所【父塾】


長男について トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■京都旅行、中止

2020.02.16(13:14) 848

ま、やむを得ませんな。

人混みを避け、軽い症状で救急外来を受診するのも避けた方が懸命です。

お年寄りを中心に、自分の咳はコロナウイルスではないかと心配する問い合わせもありますが、残念ながら渡航歴や既感染者との濃厚接触がなければ検査してあげることが出来ません。

娘は父ちゃんとの二人旅を心底楽しみにしてくれたようで、毎日嬉しそうに『るるぶ』を眺めていましたが、こんな状況では…。観光業の方には申し訳ありませんが、収拾したあかつきには改めて堪能させて頂きます。

娘に振袖を着せようと張り切っていたボクも残念です。

来週末は『るるぶ』の紙面でバーチャル旅行を楽しみます。

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■森永『カラダを強くするヨーグルト』

2020.02.15(08:47) 845

ヨーグルトメーカーで明治『R-1』をせっせと増殖させるのはボクの仕事。1カップがおよそ4リットルに。うーん経済的。

ボクがヨーグルトに情熱を注いでいるのは、食品として好きなのではなく、『腸内細菌』に可能性を感じているからです。

胃癌の原因がピロリ菌で、悪性リンパ腫や乳癌にEBウイルスと関連し、フゾバクテリウムと大腸癌との関係が濃厚で、ヒトパピローマウイルスが子宮頸癌に直結しているように、ヒトの病気に細菌やウイルスの関与はつきものです。

従って細菌=病原菌と短絡的に捉えがちですが、腸内細菌には善玉もいます。そして、その生態系としての腸内細菌叢は、宿主であるヒトの健康どころか精神活動にも影響を与えているのだとか。うつ病との関連も示唆されていて、腸はヒトの『第二の脳』と表現するセンセイもおられますな。

怒りっぽいだとか楽観的だとか、個人のキャラクターにまで影響していると主張する論文もあります。

糞便移植という、他人の「好ましい」細菌叢を繰り返し病人の腸内に注入するという治療法もアメリカなんかではメジャーになっています。素晴らしい細菌叢をお持ちの方は、それで一攫千金できるかも知れませんね。

ところで、小腸が他の臓器に比べて非常に移植が難しいのはご存知でしょうか。その理由のひとつとして小腸では免疫系が高度に発達し、拒絶反応が起こりやすいのです。小腸の機能が高まれば全身の免疫力も上昇すると考える人もいます。『R-1』がインフルエンザ抵抗力を高めるという所以ですね。

となると、善玉菌を積極的に取り込んで自分の腸内細菌叢をリフレッシュしたいところ。

ところが、ミヤBMやビオフェルミンのような善玉菌製剤を一日三錠(つまり容量用法通り)飲んだところで、ヒトの腸内細菌叢を大きく変化させるのは困難で、しかも内服を止めるとすぐに元に戻ってしまうそうです。

つまり、量が圧倒的に足りないし継続しないといかん!のです。

それなら食べ続けるしかない!大量に!

てことで、大活躍中のヨーグルトメーカー。

『R-1』にもさすがに飽きてきたので、森永の『カラダを強くするヨーグルト』をローテーションに取り入れようと思います。

大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2020年02月
  1. ■お絵かき(02/17)
  2. ■美しいお辞儀(02/17)
  3. ■長男、ハイレベ1年2割(02/16)
  4. ■京都旅行、中止(02/16)
  5. ■森永『カラダを強くするヨーグルト』(02/15)
次のページ
次のページ