FC2ブログ

タイトル画像

■長女:成績下落

2021.05.31(06:52) 1263

ここのところ、娘の成績がかつてほどの精彩を欠いてきたことが薄々気になってはおりました。特に算数と理科。それも、組分けやサピックスオープンではなく、マンスリーで。

SAPIXの先生方から二度お電話を頂き、前回のマンスリーの結果も受けて、久しぶりに娘と向き合ってみました。

そこでボクは愕然としました。

長女は、この半年ほど、つまりカリキュラム上の六年生になってから、塾の課題を放置していたことが判明したのです。塾の授業は本人なりに真面目に受けているというのは嘘ではないでしょうが、その復習や授業で扱わなかった他の問題に取り組むことはなく、基本的に授業の受けっぱなしだったのです。理科のデイリーステップも白紙。基礎トレも、ほぼ白紙。

新六年生になってから、というのは、ボクの仕事が多忙になり、在宅時間が激減した時期と重なります。また、四月からは次女が幼稚園にあがり、妻も園や習い事の役員で忙しくなり、折からの母娘反抗期もあって、妻の監視が届きにくくなっていたのも重なりました。

頭がクラクラするのを我慢しつつ、なんでやらなかったのかと訊きますと、「後でやろうと思ってた」「例えば、算数の復習や数値変え問題に取り組むのはマンスリーの直前にやろうと思ってて、でも直前は理科とか社会に時間がとられて…」。

はあ。

いや、目を離した親が悪いね。11歳の子どもだもんね。成長期で眠いよね。読みたい本もいろいろあるよね。机に向かってても社会とか、自分の好きな分野を中心に取り組んじゃう気持ちはようく分かる。

でも。

さすがにこれはまずい。よく今のクラスにいられるなあとも思いますが、このままでは絶対に落ちる。泣くのは自分。

泣くのは自分だけど、これは親の責任だ。何とか伴走者の責任だ。この数ヵ月を独りで耐えてきた娘を責めるわけにはいかない。

ボクにも娘にも油断があった。そこそこ理解力があって、記憶力もいい方だから、手抜きの顕在化にタイムラグが生じる。塾の先生の言葉を借りれば「間に合って良かったですねえ!気付いたのが今で良かったですよ!」。

ということで、長女ファーストの生活に変更です。あと七ヶ月、しっかり伴走してやらないと!
関連記事


大和撫子養成所【父塾】


小6 塾 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<■長男:全統小の模擬問題が届く | ホームへ | ■次女:父ちゃん塾開始…?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキングへ