FC2ブログ

タイトル画像

■長女:成績下落 弐

2021.06.03(08:23) 1265

授業の受けっぱなしが判明した長女。
もっと早く気付いていれば…。SAPIXの先生からは「いやーお父さん、今で良かったですよ!」とのことですが。

勉強が嫌いなわけでもないし、サボり体質というわけでもない娘ですが、とても残念な習性がありました。『いつかやろう』『明日やろう』、つまり「今すぐしない」。

「『明日やろう』はバカ野郎、だよ」と常々教えてきたつもりなんですがね…

まあこうなったら仕方がない。ボクと一緒に復習、そして勉強時間倍増計画の発動じゃ。

とりあえず、昨年11月からのSAPIXのテキストを全部持ってこさせました。うーん、膨大。これを復習させるのかーとボクが内心辟易します。

中身を見ると…授業での書き込み以外のない、とても綺麗な状態です。ほぼ新品じゃんか。

「…。他の子はさあ、こういうのコピーして何度も解き直してるんじゃないの?」
「そういう子もいるね」
「youはしなかったの」
「しなかったね」
「(分かっていても絶句)」

あ、お説教したいんじゃないんだった。子どもがサボったのは親がサボらせたから。反省すべきは親。ごめんよ娘。そう自分に言い聞かせます。
とにかく今は如何にこれらの教材を復習するか。

テキストの号数、デイリーチェックやコアプラステストのような小テスト、デイリーステップ、基礎トレの番号を紙に書き出して壁に貼りました。あ、国語は成績も安定しているので今回のリストには入れません。

「これを順次解き直すんじゃ!」
「え、こんなに?」
「みんなはとっくに終わってるんじゃ!」
「うー」
「解き直したら印を書き込めい!まず赤ペンで日付!満点なら黒ペン!復習不要という意味!間違えた問題があれば三日以内に解き直し!その日付は青ペン!次は緑!」
「お、何だか楽しそうだね」
「いいからすぐに始めて!」

この紙はリビングの、ボク居場所からとてもよく見える壁に貼りました。朝夕進捗をチェックします。

次に、勉強環境の調整です。ダイニングテーブルで学習していた長女ですが、弟妹が勉強を始めるにつれて徐々に自分の部屋の机に向かうことが多くなりました。

「これからは、またテーブルで勉強しよう」
「えー、キッズたちがうるさいんだもん」
年の離れた弟妹をまとめてキッズと呼んでいます。SAPIXの先生にもキッズの煩さを愚痴ったこともあったようで…。

「オーケー、今日からはお姉ちゃんの学習が何よりも優先されることとする。キッズはお姉ちゃんの勉強中は声を立てずに読書!母ちゃんの読み聞かせは寝室で!そして夜は可及的速やかに就寝すること!」

こんなことを、この一週間で決めました。今までのサボりが露見した恥ずかしさなのか、流石にまずいと思い知ったのか、長女はものすごい勢いで解き直しをしています。

壁に貼った『復習進捗表』にも着々と赤ペン、そして青ペンが増えています。

やっぱり、孤独な戦いを強いていたのは可哀想でしたね…。「私はいま誰よりも勉強してるんじゃないか♪」なんてノリノリで勉強している姿をみて改めて反省しました。
関連記事


大和撫子養成所【父塾】


小6 塾 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<■長男:オブジェと全統小 | ホームへ | ■長男:全統小の模擬問題が届く>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキングへ