FC2ブログ

タイトル画像

■隣の男の子

2018.06.05(18:54) 174

昨日の記事の続きになります。

娘はやはり、隣席の男の子に強いストレスを感じているようです。娘なりに一生懸命その子を悪く言わないよう言葉を選んではいるのですが…。

娘が今回訴えたストレスは、テストの答案やノートを覗かれること。おおらかな学生時代を送ったボクとしては「へ?見せてやればいーじゃん」とも思うんですが、彼女には口が裂けても言えませんネ。娘の学習に対する熱意の裏返しなのかカンニング行為には強い拒否感があるのでしょう。正義感の強い子、嫌いじゃないです。

担任の先生に訴えても「頑張って隠して!」としか返ってこなかったそうで(笑)、今日は帰宅するなり涙ながらに親に訴えてきました。

普段の話もあわせてみると、やはりそろそろ親が出ていかないといけないのかな。

ちなみに娘は新学期開始のときも隣席が別の「支援を要する児童」でした。娘が隣席として適任と判断されているとしたら大間違いです。それはボクが保証します。

いやはや。
学校にはいろんな児童がいるものですが…。いじめっことか乱暴モノとかなら対処しやすいんですけどね。

新任のおなご先生、試練ですぞ。
関連記事


大和撫子養成所【父塾】


小3 生活 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<■6月5日 こんな面白い漫画はない | ホームへ | ■娘に足りないこと>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する