FC2ブログ

タイトル画像

■裏口入学

2018.07.05(15:40) 238

いやはや、とんでもない事件が露になりましたね。

医師を前にしたとき、患者はどうしたって「まな板の鯉」です。腕に針一本刺されるだけでも恐怖なのに、見ず知らずの人間に命を預けざるを得ない日がいずれは訪れます。

医師免許一枚にそこまでの力を人が人に与えるのは、その人がきちんと勉強を積んできた証だと信じさせるからではありませんか。患者サイドとしてはホントは医師の人柄や倫理観も要求したいところですが、それを計測する術はなく、それが医療技術に直結しないことも頭では理解しているので、仕方なく難関大受験を突破した努力と結果をもって最低限の担保にするしかないのでしょう。

そこを覆されてしまったらどうなりますか。その医大のOBみんながそういう───不正に免許を取得したのではないかという───目で見られかねません。何という愚かな過ちでしょうか。

でも、予備校で教壇に立っていたとき、同僚からとんでもない話を持ちかけられたことがあります。

某医大が1点10万円で売りに出していると。つまり100万積めば10点上乗せしてくれると。だから、どうしても医学部に入れたい家庭があれば、自分に紹介してくれと。

おいおい、何を言ってるんだと突っぱねましたが、やはりそういう世界があるのは本当なのかと暗澹たる気持ちになりました。生徒達はその1点をもぎ取るためにどれだけ苦労しているか。それをまあ…。

もちろん、その同僚の話が本当かとうかはわかりません。裏口入学詐欺も後を絶ちませんのでその流れなのかも知れません。

ただ、世の中には家が建つほどの大金を積んでも、自分のキャリアを棒に振ることになっても、我が子を医大に入れたいと錯乱する親がいることは事実のようです。

でも、あなたはその不勉強な我が子が医者になったとき、自分の命を預けられますかと問いたい。問い詰めたい。

勉強は正々堂々いきましょう。


応援クリックお願い致します!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

関連記事


大和撫子養成所【父塾】


父ちゃん的メモ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<■7月5日 十分な難度とは | ホームへ | ■7月4日 小学生の夢『女医』>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する