FC2ブログ

タイトル画像

■1月26日 同窓会、医者が多すぎる

2019.01.26(21:41) 665

今日は高校の同窓会でした。皆おっさんになったなあって、人のこと言えないか。(^^;

子育ての話題は、ちょっと期待したんですが、ボクの娘がここでも最年長でした。生きた経験談(特に中学受験の)を聞きたかったなあ。

最大勢力は医者でしたが公認会計士や裁判官、国際弁護士もいれば民間・公的機関のAI、宇宙研究者、ジャーナリストもいて、まあ話の弾むこと。あっという間にお開きでした。

でも、恩師とも話したのですが、医者が多すぎますね。医者は実社会の役には立つかも知れませんが人類の文化活動に対する寄与は非常に限局的で、恩師も「バランスが悪い」と何度も仰っていました。

娘にはボクの知り得なかった面白い世界にも顔を突っ込んで欲しいなあ。

■算数
予習シリーズ4年応用 4ページ


大和撫子養成所【父塾】


小3 1月 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■1月25日 勤務実態調査

2019.01.25(22:23) 664

医師の残業は年間2000時間まで許容するという、非常に現実的な(そして冷酷な)働き方『改革』が進められています。

そんな中で某勤務先において勤務実態調査が入りました。異常な残業がないことを確認する記名アンケートですが、その一方で時給換算すると最低賃金を大きく下回ることには全く触れようともしない潔さに、むしろ清々しさすら覚えます。世の中の基幹病院のいくつかは、こういう哀れな医師によって支えられているのです。

おっと、嫌なら辞めればいいじゃないか、ですか?そう、それが奴隷主が奴隷に、地主が小作人に吐くセリフそのものなんです。

ああ、愚痴になってしまった。。。

■算数
トップクラス4年徹底理解編 4ページ
予習シリーズ4年応対4ページ




大和撫子養成所【父塾】


小3 1月 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■1月24日 管理読書

2019.01.24(20:47) 663

Amazonの履歴をコピペして娘の児童書購入記録を公開していたことがありました。最近すっかり忘れてましたねー。(^^;

娘の読書は、もはや半分以上ボクの手を離れた感じです。お!と思った本は買って渡してますが、以前ほどこれ読んであれ読んでと言わなくなりました。

娘は『兎の眼』とか『二十四の瞳』を繰り返し読んだり、『五体不満足』を手にとって「うーん、好みじゃないな」とすぐに放り出したり、ま、いーんです。本を楽しめているならばね。今は『ギリシア神話』ですか。星座の勉強にも役立ちますね。

ボクとしては新しい本をザクザク読み進めるよりも、同じ本を何度も何度も読み返して欲しいです。

その上てもう一皮向けて欲しい。遠藤周作とか水上勉とか、ボクが小学校卒業前後に楽しんでいた作品を早く紹介したいですねえ。

*

SAPIXの入試報告会、早速申し込みました。先日の保護者説明会で「面白いですよー」と先生が仰っていたので楽しみです。


■算数
トップクラス4年徹底理解編 4ページ

■その他
基本セット

大和撫子養成所【父塾】


小3 1月 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■1月23日 ポルチーニ

2019.01.23(23:52) 662

米が主食の我が家ですが、最近パスタの出番が多いです。

父ちゃん流カルボナーラはイチオウ完成し、頻繁にオーダーが入り、その度に卵が1ダースずつ消費されていきます。

そして次なる目標はポルチーニ茸のパスタ。

妻が学生時代に某有名イタリアンで給仕のアルバイトしていたときに、客として食べた味が忘れられません。こんなに旨い茸があったとは…!と。

あの味を再現したいですね。パスタは太りにくいと信じて。

■その他
基本セット


大和撫子養成所【父塾】


小3 1月 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

■1月22日 ゾフルーザのデマ

2019.01.22(21:30) 661

テレビやら新聞やらで取り上げられているのでしょうね。かつてこれほど短期間で患者サイドに認知された薬剤はあったでしょうか。

年明けからのインフルエンザ激増と合わせ、あっという間に品薄になったようです。

でも、患者の話を聞くと、多くの方が大きな勘違いをしていることに気付きます。

ゾフルーザはインフルエンザウイルスの増殖を従来の薬よりも効果的に抑制し、ウイルス排出の低下がいち早く認められる、これは正しい情報です。

しかし、「たった1回飲むだけでいい」という事実とあわせ、多くの方がこう勘違いしているのです。

『ゾフルーザを飲むと早く(例えば1日で)インフルエンザが治る』

嘘ですから!!!

有症状期間の短縮効果(つまり事実上の効き目)としては、タミフルやリレンザと大差ありません。せいぜい1日短くなればいいなという程度。

そして耐性化しやすいというデータも臨床医としては無視できません。せっかく優れた薬効をもった薬剤を、乱用することで価値を貶めるなんてもっての他です。

我々がただの風邪に抗菌薬を出さないのは、人類の財産たる抗菌薬の耐性菌増加(抗菌薬の無効化)を防ぐことに真意があります。

ゾフルーザについては、医師サイドもここで少し冷静になった方が良さそうですね。

*

娘の組分けですが、α1編入が確認出来ました。激励応援の言葉を下さった皆さん、ありがとうございました。

■その他
基本セット

大和撫子養成所【父塾】


小3 1月 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
小3 1月
  1. ■1月26日 同窓会、医者が多すぎる(01/26)
  2. ■1月25日 勤務実態調査(01/25)
  3. ■1月24日 管理読書(01/24)
  4. ■1月23日 ポルチーニ(01/23)
  5. ■1月22日 ゾフルーザのデマ(01/22)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ